閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

BroadWiMAXの最新キャンペーン情報【お得に契約する方法と注意点】

  • Pocket
  • LINEで送る


BroadWiMAXは、ユニークなキャンペーンを数多く行っていることから、『とても使いやすい!』という口コミが多いプロバイダです。

「どんなキャンペーンがあるの?」「いつまでやっているの?」といった疑問に答えるべく、BroadWiMAXのキャンペーンについて徹底的に解説します。

キャンペーンを受けるための条件や注意点も説明するので、必ずチェックしておいてくださいね。

BroadWiMAXで絶対に知っておくべきお得な4つのキャンペーン

現在、BroadWiMAXでは、以下のキャンペーンが行われています。

  • 初期費用無料
  • 最新端末が0円
  • 他社から乗り換えで違約金を負担
  • auとのコラボ割引

これらキャンペーンについて、詳しく説明するので参考にしてくださいね。

初期費用18,857円が無料になる

初期費用18,857円が無料になる-WiMaxナビ-
BroadWiMAXでは、所定の条件を満たすと初期費用の18,857円が無料になるというキャンペーンを行っています。

以下がその条件です。

◆対象端末
キャンペーン対象端末は【W05】【WX04】【L01s】の3種類です。
端末の特徴については、のちほど詳しく説明しますが、どれも高性能な最新機種なので安心してください。

◆契約期間
キャンペーンは3年契約時に適応されます。

◆WEB申し込み
BroadWiMAXの公式WEBサイトから申し込む必要があります。
電話での申し込みはキャンペーン対象外となってしまうので注意しましょう。

◆支払方法
キャンペーンを受けるには、クレジッドカード払いを選択します。
口座振替はNGなので、カードを持っていない場合、事前に作っておいてくださいね。

◆オプション加入
「安心サポートプラス(月額550円)」
「MyBroadサポート(月額907円・最大2か月間無料)」
という2つのオプションに加入します。

安心サポートプラスは機種が故障した場合に無料修理保証が受けられる保証で、MyBroadサポートはスマホやパソコンの設定・操作などを電話や遠隔操作でサポートしてくれるオプションです。
オプションはなくても問題ないケースが多いので、不要ならば、できるだけ早く解約しましょう。
解約は端末到着後、オプション解約の旨を電話で伝える、もしくはBroadWiMAX公式サイトのマイページにてオプション解除ボタンを押すだけ、と5分もかかりません。

どれも難しい条件ではありませんね。
ただし、初期費用無料キャンペーンを利用し、24か月以内に解約した場合には『キャンペーン解除料金』9,500円がかかるので注意が必要です。

最新機種を含む端末(ルーター)が全部0円

最新機種を含む端末(ルーター)が全部0円-WiMaxナビ-
BroadWiMAXでは最新かつ高性能な3種類の端末が販売されています。
モバイルタイプのW05、W04とホームルータータイプのL01sです。
さっそく、それぞれのスペックを紹介します。

W05

W05-WiMaxナビ-
2018年1月発売のW05は、通信速度は最大で下り≪758Mbps≫と光回線並みの速度を誇ります。
バッテリーの持ちは約9時間(ノーマルモード・ハイスピードモード使用時)と平均的です。
充電に関しては、バッテリーセーブモードを使用すれば10時間30分持ちます。
サイズは横130×縦55×厚さ12.6mmで、重さ131ℊととてもコンパクトです。

また、液晶操作がスムーズで使いやすいという口コミ多数でした。

WX04

WX04-WiMaxナビ-
2017年11月発売のWX04ですが、通信速度はW05より遅く、下り最大440Mbpsです。
バッテリー持ちは10.5時間(ハイスピードモード・ノーマルモード利用時)とW05を上回ります。
また、エコモード使用時のバッテリー持続時間は13.8時間と、かなり長いです。

サイズは横11.1×縦62×幅13.3mm、重さは128ℊとなっており、名刺より一回り大きいくらいですね。
W05と比較すると、「持ったときにやや厚みを感じる」「画面がカクカクして操作しにくい」という声があります。

L01s

L01s-WiMaxナビ-
2017年12月発売のL01sは、モバイルルーターであるW05やWX04とは異なり、据え置き型のホームルーターです。
シンプルでスタイリッシュなデザインなのでどんなインテリアにもなじみます。
付属のACアダプタから電源を取る(リチウム充電池が内蔵されていない)タイプなので、持ち運んでの使用には向きません。

通信速度はWX04と同じ下り最大440Mbpsで、ネットが安定しやすい有線LAN接続ができます。
また、同時接続が42台とかなり多いので、「家族がそれぞれスマホ・パソコン・タブレットを複数台使う」「WiFi受信機能が付いた家電がたくさんある」という方に特におすすめです。

3機種を比較すると、通信速度はW05、充電持ちはWX04が優れていることが分かりますね。少しでも速い方がいいのなら、W05を選んで、長時間の外出時にはモバイルバッテリーと一緒に持ち歩くのがおすすめです。

モバイルバッテリーを持ち歩きたくないのならWX04、自宅でのみ使用し複数の機器に接続したいという場合にはL01sを選ぶのが良いでしょう。

ライフスタイルや好みに合わせて、最適の端末を選択してくださいね。

他社からの乗り換えで違約金を全額負担してくれる

他社からの乗り換えで違約金を全額負担してくれる-WiMaxナビ-
他社のWiMAXからBroadWiMAXに乗り換えをする際に発生する違約金をBroadWiMAXが負担してくれるというキャンペーンを行っています。
これは≪19,000円≫を上限に、他社WiMAX契約解除料の実費を負担してくれるBroadWiMAX独自のサービスです。

WiMAXの解約料は、契約から1年以内であれば19,000円、1~2年の間であれば14,000円、2年目以降は9,500円です。
また、契約から25か月目(2年縛り契約)もしくは37か月目(3年縛り契約)に解約料がかからない解約月があります。
※どこのプロバイダでも解約料は同じです。

BroadWiMAXでは、この解約料を最大19,000円まで負担してくれるので、「他社で契約してまだ1年経っていない」という場合でも、負担なしで乗り換えができますね。

ただし、GMOとくとくBBの違約金は、最初の2年間が24,800円、それ以降は9,500円と、他社よりも少し高いです。
現在GMOとくとくBBでWiMAXの契約をしている方は、自己負担が生じてしまう可能性があるので注意しましょう。

BroadWiMAXの乗り換え違約金負担キャンペーンを使う手順

違約金負担キャンペーンの申請の手順は以下の通りで、とても簡単です。

  1. BroadWiMAXと契約する
  2. 他社WiMAXを解約する
  3. 解約したことと違約金の額が分かるメールや書類の画像をinfo@wimax-broad.jp宛に送って申請する
  4. 承認されれば翌々月末までに振り込まれる

1と2は順番が前後してもかまいません。
ただし、契約者の名義人が同じでなければならないことは知っておいてください。
また、光やADSLなど、WiMAX以外のネット回線からの乗り換えは対象外です。

「適当に契約したら月額が高かった」
「解約月を逃して自動更新されてしまった」
という場合には、BroadWiMAXのキャンペーンを利用して、≪月額料金のダウン≫、≪最新機種への乗り換え≫を実現しましょう。

auのスマホ料金が最大1,000円安くなる

auのスマホ料金が最大1,000円安くなる-WiMaxナビ-
BroadWiMAXとauスマホを一緒に使うと、スマホの月額料金が最大で1,000円割り引かれます。

この「最大1,000円」というのが少し曲者で、auの通信プランによって割引額が異なるので、よくチェックしておかないと損をする場合もあるんです…。

月に20GBもしくは30GB使用できる『auフラットプラン20/30』や『auピタットプラン、2GB~20GB』までを契約している場合は1,000円の割引を受けることができます。
しかし、料金の安い『auピタットプラン(スーパーカケホ・カケホ)』の2GB以下のプランや『データ定額1』の場合、月に500円の割引しか受けられません。

そのほかにも細かく割引額が設定されていますが、
「通信量の多い高いプランを使っていれば1,000円引き」
「安いプランを使っていれば500円引き」

と頭に入れておけばOK。

au公式サイトに詳しく書かれていますが、下に表を載せておきますね。

auスマートバリューmineの割引額と各プランの関係

割引額 対応プラン
500円
  • ピタットプラン2GBまで
  • データ定額1
743円
  • データ定額2・3
  • シニアプラン
  • ジュニアスマホプラン
934円
  • データ定額5・20・30
  • LTEフラット
  • ISフラット
1,000円
  • ピタットプラン2GB超~20GB
  • フラットプラン20・30

また、auスマホ割プラン自体の月額料金が4,380円とやや割高な点も気になります。
スマホ割りがついていない通常のギガ放題の場合、月額は3,411円(3年目からは4,011円)なので、差額は969円(3年目以降369円)です。
スマホ代の割引を差し引きしても、お得なのか損をするのか?は微妙なところですよね。

何を基準に「auスマホ割プラン」を選べばいいの?

何を基準に「auスマホ割プラン」を選べばいいの?-WiMaxナビ-
auスマホ割プランを選ぶかどうかはスマホのデータ通信プランをどれにするかで決めましょう。

主にWiMAXで通信するからスマホの通信量は最小限で」という場合、スマホのプランは『ピタットプラン』の2GB以下のプランを選び、WiMAXは通常の『ギガ放題』にするのが最安です。
このときに、auスマホ割りを選んでしまうとスマホ代が500円しか割引されないのに、WiMAXの月額が1,000近く高くなってしまってトータルで損してしまいます。

一方、「スマホのデータ容量もある程度ほしい」という場合、スマホ料金が1,000円引きになる『ピタットプラン2GB越』や『auフラットプラン20/30』を選びましょう。
最初の2年間は月31円安いだけですが、ギガ放題の値段があがる3年目からは月631円安くなります。

BroadWiMAXのキャンペーンはいつまで?申し込み期限はあるのか

BroadWiMAXのキャンペーンはいつまで?申し込み期限はあるのか-WiMaxナビ-
BroadWiMAXの『初期費用無料』『端末代金無料』『他社の違約金負担』といったキャンペーンは、どれも≪2016年3月1日~終了未定≫となっています。

今のところキャンペーンが終了するという噂はありませんが、いつ終わるかは定かではありません。
いきなり打ち切られることもあるので、お得に契約したい方は早めに申し込んでおきましょう。

BroadWiMAXのキャンペーンを適用させた申込手順

BroadWiMAXのキャンペーンを適用させた申込手順-WiMaxナビ-
初期費用割引を適用させるには、公式サイトから申し込みをする必要があります。
細かい手順を説明していきますね。

1.端末を選ぶ

W05、WX04、L01sから好きな端末・カラーを選択します。
W05はグリーンとホワイト、WX04はブルーとホワイトから選べますが、L01sはグレーのみです。

2.クレードルの有無を選ぶ

クレードルはW05とWX04の設置台のようなものです。
後から同程度の価格(3,500円ほど)で購入できるので、必要ない人は選ばなくてもOK。

3.充電器の有無を選択

W05とWX04は、ACアダプタが付属していません。
付属のUSBケーブルからも充電できるので無しでも特に問題はないでしょう。

4.料金プランを選ぶ

ギガ放題とライトプランがあるのでどちらか選びましょう。

ギガ放題は月のデータ使用量に制限がないプランで、最初の3か月間は月額2,726円、4~25か月目3,411円、26か月目以降4,011円です。

ライトプランは月に7GBまで使用できるライトユーザー向けのプランで、0~25か月目までは2,726円、26か月目以降は3,326円となっています。

ライトプランの方が安いですが、7GBでは足りないケースが多いです。
プランの変更はいつでもできるので、最初はデータ使用量の制限がないギガ放題を選ぶのが無難ですね。

5.auスマホ割りプランにするかどうか選択

auスマホの料金が最大で1,000円割り引かれるプランです。

auスマホの契約が、『auピタットプラン』の2GBより多いコースや、大容量の『auフラットプラン20/30』であれば、毎月スマホ料金が1,000円割り引かれるので、こちらのコースを選びましょう。
「データ容量が少ないプランで契約している」「そもそもauユーザーでない」という場合は選択せずに飛ばしてください。

6.支払い方法はカードを選択

初期費用0円キャンペーンを利用するには、口座振替ではなくクレジットカード払いを選ばなくてはなりません。
持っていない場合は事前に作っておきましょう。

7.セット商品は欲しければ選択

BroadWiMAXでは、プラン契約とセットでノートパソコンやタブレットの購入ができます。

家電量販店よりも少し(5,000円くらい)安いので、「丁度この機種がほしかった!」という場合には買っておいても良いでしょう。
月額料金での支払なのでまとまったお金を支払う必要がなく手軽なのもいいですね。

ただし、途中解約した際には別途違約金(残債)を一括で支払う必要があるので注意してください。

8.オプション加入

『安心サポートプラス(月額550円)』と『My Broadサポート(月額907円・最大2か月無料)』の加入は必須です。

不要ならば、端末到着後すぐに解約することができます。
初月に解約すれば、MyBroadサポートは無料期間中なので、安心サポートプラスの料金550円がかかるだけです。

すべてを選択し終えたら、『お客様情報の入力』ボタンを押し、氏名や住所、カード情報などを記入します。
これで、申し込みは完了!

画面の案内に沿って進めばいいので、迷うことなく申し込めますね♪

BroadWiMAXのキャンペーンと他社キャッシュバックどっちがお得?

BroadWiMAXのキャンペーンと他社キャッシュバックどっちがお得?-WiMaxナビ-
主なプロバイダのキャッシュバック額をまとめてみました。

UQコミュニケーションズ(本家)

UQコミュニケーションズの場合、選択する機種によってキャッシュバック金額が異なります。

  • W04・L01s・WX03→JCBギフトカード最大10,000円分
  • WX04→JCBギフトカード最大5,000円分
  • W05→なし(W05)

最新端末はキャッシュバックなし!古い機種を処分したいのでしょうね…。
現金ではなくギフトカードなのも特徴的です。

GMOとくとくBB

UQと同様に機種によってキャッシュバック金額が異なりますが、こちらは最新端末の方が多くもらえます。

  • W05・WX04→最大39,900円
  • W04→現金:最大31,600円
  • L01s→最大35,200円

So-net

こちらはどの機種でも一律に金額がキャッシュバックされます。

  • W05・WX04・L01s→最大30,000円

BIGLOBE

BIGLOBEは支払方法・機種によってキャッシュバック金額に差があります。

  • WX03かつクレジットカード→最大23,000円
  • WX03以外かつクレジットカード→最大20,000円
  • 口座振替(どの端末でも)→最大10,000円

各社、高額なキャッシュバックを用意していることが分かりますね。
しかし、このキャッシュバックはほんとうにお得なのでしょうか。

キャッシュバックキャンペーンには「受け取らせない罠」がある!

キャッシュバックキャンペーンには「受け取らせない罠」がある!-WiMaxナビ-
実は、キャッシュバックは何もせずに受け取れるものではありません。
受け取るためには、所定の手続きを行う必要があるのですが、それが行えるのは契約から約1年後で、しかも受付期間が1か月間しかないのです。

さらに、手続きの案内が届くのはGmailやYahoo!メール、キャリアメールのアドレスといった普段使うものではなくプロバイダの専用アドレスです。
実際、プロバイダアドレスのメールチェックをすることってほとんどないですよね。
しかも、そのアドレスにはダイレクトメールが頻繁に送られてくるので、大事なお知らせが埋もれてしまうケースが多いのです。

期間中にメールに気付いたとしても、「口座番号を間違って入力していたため無効」なんてケースもあります。
キャッシュバックがあるプロバイダは、月額料金が高く設定されているので受け取り忘れたとしたら大損です。

受け取り損ねるリスクを考慮すると、BroadWiMAXのように最初から月額料金を割り引いてくれているプロバイダの方が、確実かつ安心ですよね。
もちろん、手続きを行う面倒くささもありません。

BroadWiMAXおすすめポイントは【料金の安さ・満足保証・最短即日使える】この3つ

BroadWiMAXがおすすめな理由を3つ紹介します。

他のプロバイダよりも≪月額料金が安い≫

他のプロバイダよりも≪月額料金が安い≫-WiMaxナビ-
主要なプロバイダの支払総額を『ギガ放題』『3年契約』という条件で調べてみました。

BroadWiMAXの月額料金

契約期間 月額料金
3か月 2,726円
4~24ヶ月 3,411円
25~36ヶ月 4,011円

3年間 の支払総額は≪128,626円≫となります。

UQコミュニケーションズの月額料金

契約期間 月額料金
3か月 3,696円
4~36か月 4,380円

3年間の総額は≪155,628円≫です。

GMOとくとくBBの月額料金

契約期間 月額料金
2か月 3,609円
3~36か月 4,263円

総額≪152,160円≫で、UQコミュニケーションズより少し安いくらいですね。

So-netの月額料金

契約期間 月額料金
2か月 1,180円
3~36か月 4,250円
25~36ヶ月 4,011円

総額≪146,860円≫です。
最初の2か月は安いものの、それ以降はあまり安くありません。

BIGLOBEの月額料金

契約期間 月額料金
2か月 3,695円
3~36ヶ月 4,380円

総額≪156,310円≫と最も高いです。

こうして見ると、やはりBroadWiMAXが圧倒的に安いことが分かりますね。
総額が一番安いSo-netと比較しても18,234円、逆に高いBIGLOBEと比べると27,684円もの差があります。

違約金なしで他回線に乗り換えできる『ご満足保証』

違約金なしで他回線に乗り換えできる『ご満足保証』-WiMaxナビ-
BroadWiMAXには、WiMAXの電波に不満があれば、解約金なしで他のネット回線に乗り換えられるご満足保証』というサービスがあります。

乗り換え先は、ソフトバンク光、auひかり、So-net光、BIGLOBE光、Broad光withNTT東日本/西日本、Yahoo!BBブロードバンド、BroadLTEといった大手のネット回線から選べるので安心ですね。

この制度は「契約から○か月以内」というような条件はなく、いつでも利用できるのも使いやすいポイント。
「自宅にWiMAXの電波が入るのかな…」
「引っ越し先の環境が分からない」
「遅かったらいやだ」
と不安な人でもリスクなくWiMAXを試せます。

「最短即日使える」から明日の出張にも間に合う

「最短即日使える」から明日の出張にも間に合う-WiMaxナビ-
BroadWiMAXは≪店舗受け取り≫を選択すると、最短で申し込み当日から利用できます。

「不在が多くルーターの受け取りが難しい」
「急に出張が決まった!明日までに無線インターネットの環境を整えないと…」
「スマホの通信制限がかかったら今すぐ何とかしたい」
「光回線の工事予約が3週間待ち…そんな待てない」
なんてケースにも対応できます。

店舗受け取りまでの手順は以下の通りです。

  1. WEB申し込み時フォームのお客様情報入力欄にて『店舗受け取り希望』にチェックを入れる
  2. 『お渡し準備完了メール』が届いたら受け取り店舗に行き、メール記載の受け取りIDを提示する
  3. 端末を受け取る

ちなみに店舗での開通作業に15~20分かかります。
また、口座振替希望の場合は電話で申し込み、受け取り時には銀行のキャッシュカードを持参してください。(秋葉原店のみ対応)

通常、営業時間内にWEB申し込みをした場合≪2時間以内≫に、営業時間外だったときは、≪翌営業日≫に『お渡し準備完了メール』が届きます。

申し込みしたその日に使いたいという方は、店舗の営業日・営業時間をチェックしておいてくださいね。
店舗受け取りを希望して、5日以内に受け取りに行かなかった場合、登録住所まで配送されます。

BroadWiMAX受け取りセンターは、渋谷、秋葉原、埼玉の大宮、大阪の梅田と合計で4店舗あり、それぞれ営業時間が異なります。

渋谷店と梅田店は10~19時(日祝休み)
秋葉原店は10~17時(土日祝休み)
大宮店は11~19時(日祝休み)

となっているので、この時間に間に合うように余裕を持って申し込みをしてください。

申し込んだその日にネットが使い放題、というのはとてもありがたいサービスですよね。
店舗が近くにあるなら、ぜひこの制度を利用してくださいね。

ちなみに、BroadWiMAXは郵送を選択しても最短で申し込みの翌日に到着するので、近くに店舗がない方でも最短翌日にはネットが使えるようになります。

13社18回線を気になる項目で比較!!2019年8月のおすすめWiMAXプロバイダTOP5 !

[最新機種(W06)][3年契約][ギガ放題][WiMAX2+]の場合
▶︎知りたいランキング項目をクリックしてにゃ
ワイ先輩01
▶︎実質月額が安いランキング▶︎キャッシュバック金額が高いランキング▶︎最安月額基本料金ランキング
実質月額とは (3年間の総支払金額-キャッシュバック金額)➗36ヶ月
No プロバイダ 実質月額(円) 公式サイト
1 Broad WiMAX 2,879
2 とくとくBB(キャッシュバック) 3,335
3 JPWiMAX 3,336
4 Cloud Mobile 3,364
5 とくとくBB(月額割引) 3,407
「現金」のキャッシュバックのみを掲載しています
No プロバイダ 金額(円) 公式サイト
1 とくとくBB(キャッシュバック) 32,100
2 BIGLOBE(クレカ払・キャッシュバック) 30,000
3 Broad WiMAX 25,000
4 @nifty WiMAX 23,100
5 BIGLOBE(口座振替・キャッシュバック) 15,000
契約月以外の最安月額を掲載しています
No プロバイダ 最安月額(円) 公式サイト
1 DTI WiMAX2+ 0
2 Asahi Net 0
3 カシモWiMAX2+ 1,380
4 とくとくBB(月額割引) 2,170
5 Broad WiMAX 2,726
2019.8更新