閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAX提供会社を比較!速度や料金の違いは?

  • Pocket
  • LINEで送る

WiMAXの提供会社(プロバイダ)ってたくさんあってどれが良いのかよく分からない。
WiMAXは2~3年の継続利用が前提で、それより前に解約すると違約金を払わないとダメだから慎重に決めたい。

確かに、ちゃんと調べず適当に決めてしまうと、

・安い月額だからと契約したら3ヶ月目から急に高くなった
・キャッシュバックに釣られて決めたけど貰えるのが1年後…
・3年のトータル料金を計算したら他のプロバイダより高い!

といった失敗をしてしまいます。

このページでは、WiMAXのプロバイダの料金やサービス面を比較しています。

3年間の総額だとどこが一番安いの?とにかく早く使えるのはどこ?と思っている人はぜひ参考にしてください。

WiMAXの会社を料金で比較!おすすめプロバイダ2018

WiMAXプロバイダはたくさんあり、それぞれの会社で料金やサービス内容が異なります。
どのプロバイダもUQコミュニケーションズという会社からwimaxの回線を借りて使っている状態なので、通信速度の面ではほぼ同じと思っておいてください。

となると、WiMAXのプロバイダ選びにおいて比較すべき項目は『料金』と『サービス』。
中でも『料金』の差は大きく、2、3年使うとその差が2万円程度出てくることもあります。
(WiMAXはスマホと同じく2年や3年縛りの契約が基本なので『料金』についてはしっかりと比較しておきましょう)

ただ、長期契約割引やキャッシュバックなどがあるため、単純に月額の差だけで決めると損をしてしまいます。
失敗しないためにも、1~3年分の総額料金を出して比較するべきなんですね。

WiMAXのプロバイダを1~3年目の料金で比較

WiMAXのプロバイダで有名なところをいくつか例に挙げて、1年目・2年目・3年目の各年の総額、および3年間の総額を比較してみます。

プロバイダ名 1年目 2年目 3年目 3年間の総額
ブロード
ワイマックス
39562円 40932円 48132円 128626円
So-net 42460円 48600円 48600円 139660円
nifty 43740円 52200円 52200円 148140円
BIGLOBE 47690円 48360円 52560円 148610円
UQコミュニ
ケーションズ
50508円 52560円 52560円 155628円
GMO
とくとくBB
49848円 51156円 51156円 152160円

1年目の総額料金は全てのプロバイダにて2、3年目よりも安くなっていますね。
これは、広告映えがよくなるように各社『最初の2~3ヵ月は○○円引き』といったキャンペーンをしているからなんです。
そして2、3年目から月額料金をグンと上げてくる、といったやり方です。
(どのプロバイダもこのやり方なので業界ではスタンダードなのでしょう)

3年間の総額を比較してみると、ブロードワイマックスの128,262円(月額で計算すると約3,562円)が最安!
UQコミュニケーションズ公式サイトとの差額は3年でなんと26,999円にもなります。
このように年間の総額を比較してから決めないと、かなりの損をしてしまいますね…。

どうして3年間の総額で比較したの?

WiMAXのギガ放題には、2年or3年契約のプランがあります。
これらの大きな違いとしては、LTEオプション料(毎月1,000円)が無料になるかならないか。

LTEオプションは何だかんだ言って使うことになるケースがとても多いので、ここではこのLTEオプションが無料になる3年契約のプランの料金で比較をしています。

■LTEオプションってなに?
WiMAX回線の基本的な通信モードは「ハイスピードモード」という名前で、このモードだけでも日本全国広範囲で使えるのですが、山間部やマイナーな地下鉄の駅などでは電波が若干弱くなることがあります。
その時に使えるのが、この【LTEオプション】で「ハイスピードプラスエリアモード」と呼ばれており、このモードに切り替えるとauのスマホやケータイが通信できるエリアでWiMAXの通信も可能になる、というサービス内容。

ずっと同じ場所でWiMAXを使う人は、あまり恩恵を感じないかもしれませんが、地下鉄で移動しながらノートパソコンやスマホでネットを見る人にとっては必須オプションだと言えます。

プロバイダのキャッシュバックは計算しないの?

プロバイダといえば高額キャッシュバック!が魅力ではありますが、WiMAXに関してはこのキャッシュバックが逆に足を引っ張る危険性があります。
どんな風に危険なのか?を説明する前に、まずは各社のキャッシュバック額を比較してみましょう。

WiMAXプロバイダのキャッシュバック額を比較

プロバイダ キャッシュバック額 3年総額で
最安を0円
とした場合
GMOとくとくBB 最大39,500円 23534円
So-net 30,000円 11034円
nifty 30,000円 19514円
BIGLOBE(※) 0円 19984円
UQコミュニ
ケーションズ
0円 27002円
ブロード
ワイマックス
0円 0円

※BIGLOBEは月額割引orキャッシュバックから選べますが、月額割引の方が金額が大きいのでここではキャッシュバックには触れていません。

パッと見るとGMOとくとくBBが40,000円近くのキャッシュバックがあるため、3年間の総額が他よりも多少高くてもお得に感じますが、これはあくまでキャッシュバックをちゃんと貰えたら、の話です。
こういったプロバイダは利益確保のためにキャッシュバックを渡さないような対策をしています。

例えば、GMOとくとくBBの場合
・ルーター発送後の11ヵ月目に案内メールが届く
GMOの基本メールアドレスをチェックしないとダメ
メール送信日の翌月末までに返信しないとダメ

So-netの場合
・So-net会員専用のページで手続きしないとダメ
・申込から11ヵ月後の15日に手続き案内メールが届く
・So-net専用の初期メールアドレスの確認が必要
・24ヵ月以内の解約はキャッシュバックを返金

niftyの場合
・開通月を含む3ヵ月目に案内メールが送られる
9ヵ月後にキャッシュバックが実施される

と、このようにどのプロバイダも「送られてくるメールに従って操作しないとダメ」かつ「忘れた頃にメールが届く(しかも普段チェックしないメアドに…)」とかなり忘れやすくなっています。
しかも、キャッシュバックが約1年ほど先になるため、毎月の料金が高すぎて途中で解約してしまうケースも多々あります。

となると、キャッシュバックを狙うよりも『最初から月額が安く設定されているプロバイダ』の方が確実に割引を受けられて◎ですね。

WiMAXの会社の違いは【月額・総額料金】と【開始までの早さ】

一つ上の項目では【3年間の総額料金】で比較した結果『ブロードワイマックス』が一番安いことがわかりました。

もう一つの比較項目は【申し込みをしてから開始までの速度】です。

開始までの速度=ルーターが届くまでの日数

と考えると分かりやすいでしょう。

申し込み手続きに関しては、どのプロバイダでもネット経由でいつでもできるので、あまり気にしなくてもいいのですが問題はその後ですね。
どのプロバイダも《申し込みの翌日に発送》なので、申込日+2日(送付場所が遠方なら+1日)は見ておかないといけません。
また、クレジットカード決済ではなく口座振替で申し込みをした場合、振替手続きが完了してからルーターの送付となるため、実際に使えるようになるのは申し込みから2週間後なんてこともあります。

では、プロバイダ毎の「ルーター到着までの日数」をチェックしてみましょう。

■プロバイダ別 WiMAXルーター到着までにかかる日数

プロバイダ ルーター到着まで
BIGLOBE(※) 2~7日
UQコミュニ
ケーションズ
2~3日
ブロード
ワイマックス
1~2日
GMOとくとくBB 5~10日
So-net 3~10日
nifty 4~10日

ブロードワイマックスなら公式サイトで申し込むよりも速く届くことが分かりました。
申し込み当日に発送してくれるかどうか?が開始までの早さを決めます。

WiMAXは申し込み月から日割りで料金のカウントがされるので、少しでもお得に使うために一日でも早くルーターを受け取りたいものですね。

WiMAXの会社で一番おすすめな「ブロードワイマックス」の特徴

プロバイダを比較した結果、ブロードワイマックスが【料金が一番安い】&【ルーターの到着が一番早い】と、2つの強みがあるのは分かったと思いますが、その他にどんな特徴があるのか?をまとめておいたのでチェックしておいてください。

ブロードワイマックスの特徴

・他社から乗り換えで違約金を負担
これは既にWiMAXを使っている人向けのキャンペーンなのですが、ブロードワイマックス以外のプロバイダから乗り換えると解約するときに発生する違約金を最大19,000円まで負担してくれるという内容です。
このキャンペーンを利用して、違約金を気にすることなく最新のルーターに機種変更する人も実は多かったり。

・申込み当日から利用できる
ブロードワイマックスは渋谷に実店舗があるため、近く住んでいる人なら申し込み後にルーターを取りに行くことができます。
他にこのような対応をしているプロバイダは無いので、とにかく早く使いたい!という人にオススメですね。

・もしもの時の満足保証がGOOD
一人暮らしならWiMAXだけでネットは十分できるだろう!と思っていたけど、思ったよりも電波状況が良くなかった…。
こんな時はブロードワイマックスの「満足保証制度」がかなり使えます。

NTTのブロード光、yahooBB、So-net光、BIGLOBE光、ソフトバンク光、auひかり、などの固定回線に乗り換える場合の『WiMAX解約手数料』が無料になるサービス。
WiMAXは1年以内に解約すると19,000円の違約金が取られてしまうので、この保証はかなり心強いですね。

WiMAXは料金が安くて申込日から使える「ブロードワイマックス」

・3年間の総額料金がどのプロバイダよりも安い
・即日出荷可能で翌日には使える(取りに行けばその日に使える
・他社から乗り換え時の違約金を負担してくれる
・品質に納得いかなかったら違約金ナシで光回線に乗り換えられる

正直、ここまでメリットの多いプロバイダはあまり見かけません。
これから新たに契約する人だけでなく、WiMAXを利用していて他のプロバイダに変えたい人にも「ブロードワイマックス」はオススメです。

13社18回線を気になる項目で比較!!2019年8月のおすすめWiMAXプロバイダTOP5 !

[最新機種(W06)][3年契約][ギガ放題][WiMAX2+]の場合
▶︎知りたいランキング項目をクリックしてにゃ
ワイ先輩01
▶︎実質月額が安いランキング▶︎キャッシュバック金額が高いランキング▶︎最安月額基本料金ランキング
実質月額とは (3年間の総支払金額-キャッシュバック金額)➗36ヶ月
No プロバイダ 実質月額(円) 公式サイト
1 Broad WiMAX 2,879
2 とくとくBB(キャッシュバック) 3,335
3 JPWiMAX 3,336
4 Cloud Mobile 3,364
5 とくとくBB(月額割引) 3,407
「現金」のキャッシュバックのみを掲載しています
No プロバイダ 金額(円) 公式サイト
1 とくとくBB(キャッシュバック) 32,100
2 BIGLOBE(クレカ払・キャッシュバック) 30,000
3 Broad WiMAX 25,000
4 @nifty WiMAX 23,100
5 BIGLOBE(口座振替・キャッシュバック) 15,000
契約月以外の最安月額を掲載しています
No プロバイダ 最安月額(円) 公式サイト
1 DTI WiMAX2+ 0
2 Asahi Net 0
3 カシモWiMAX2+ 1,380
4 とくとくBB(月額割引) 2,170
5 Broad WiMAX 2,726
2019.8更新