閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXプロバイダ12社を徹底比較しやすい!総合比較表【2019年7月更新】

  • Pocket
  • LINEで送る

WiMAXなどのポケットWiFi、どこでも使えてとても便利ですよね。
ですが、「なんとなく」で申し込みをするのは絶対NG!

何も知らずに適当に契約すると3万円以上損してしまうこともありますので、当ページをじっくりご覧ください。

WiMAXの契約は、回線を提供いているUQ WiMAX(UQコミュニケーションズ)と直接してはいけません。

WiMAXのプロバイダは20社以上あり、そのほとんどが月額料金の割引やキャッシュバックキャンペーンを行っているので、必ずプロバイダ経由で契約しましょう。
ただし、それぞれ割引の総額やキャッシュバック方法が異なるので注意しなければいけません。

そこで、当ページでは支払総額が特に安いプロバイダを5つ厳選し、ランキング形式で紹介します。

最適なプロバイダを選んで、お得にWiMAXを契約しましょう。

ポケットWiFiのプロバイダを比較!安くて速いTOP5

WiMAXを契約する際、どのプロバイダを選んでも速度に差はありません。
上記で説明したようにWiMAXはUQコミュニケーションズから提供されているものを各プロバイダが使ってるだけなのです。
そのため、割引やキャッシュバックといった料金サービスでプロバイダを選びましょう。

WiMAXには、月間データ容量に制限のない「ギガ放題プラン」と、1か月7GBまで使用できる「ライトプラン」があります。
月7GBだと足りない方がほとんどだと思うので、「ギガ放題プラン」を中心に比較します。
価格はすべて税抜きです。

また、WiMAXには、2年契約と3年契約があります。
3年契約の場合、LTE利用料月1,004円が無料になります。

1位 Broad WiMAX

Broad WiMAXの「ギガ放題プラン」3年契約の場合、1~3か月目は2,726円、それ以降は3,411円です。

キャッシュバックはありませんが、その分月額料金自体が抑えられます。
キャッシュバッグがあるプロバイダだと、口座情報の登録といった手続きが必要なので、少し手間がかかります。
また、申請期限が1か月ほどと短く、手続きを忘れて、受け取り損ねることも。

BroadWiMAXは、手続きなしで確実に割引を受けることができるので、『とにかくシンプルで楽なのがいい!』という人におすすめです。

3年間の支払総額は、事務手数料3000円を入れて、約12万3000円。

☆メリット
月額料金が安い
キャッシュバッグ申請手続きが不要
他社WiMAXからの乗り換えの場合、違約金を負担してくれるキャンペーンがある

☆デメリット
支払総額が最安値ではない

2位 GMOとくとくBB

GMOとくとくBBの「ギガ放題プラン」は、1~3か月目が3,609円、それ以降は4,263円です。
また、契約期間が2年か3年か選べるのもポイントです。
LTEを使用しない方であれば、2年契約がおすすめです。

GMOとくとくBBの最大の特徴はなんといっても最大39,500円のキャッシュバック!
最新機種の【SPEED WiMAX NEXT W05】を契約した場合、3年契約で39,500円、2年契約で31,100円のキャッシュバックが受け取れます。

3年契約の場合、キャッシュバックを差し引いた実質支払総額は約11万5000円。
とても安いですね。

ただし、キャッシュバックが受け取れるのは12か月目で、GMOから与えられたメールアドレス宛に送られてくる通知メールから受取口座を申請する必要があります。
申請期限は1か月ほどと短いので要注意です。

☆メリット
キャッシュバックが高額で支払総額が安い
最新端末【SPEED WiMAX NEXT W05】2年契約が選べる

☆デメリット
キャッシュバック受け取り期限を過ぎると損する
キャッシュバック申請のメールがGMOのアドレスに届く
GMOからのメールが多く、申請のメールが埋もれやすい
キャッシュバックまで約1年かかる

3位 So-net

So-netはソニー系列のプロバイダで、サービスの手厚さに定評があります。
インターネットの疑問や不安を電話やリモートサポートで解消する「So-net安心サポート」や最大5台までに機器にインストールできるセキュリティ製品「カスペルスキー」など、各種サポートの月額料金が12か月無料です。

料金はギガ放題3年プランの場合、初月はなんと0円、2~3か月目980円、それ以降は4,050円です。
別途モバイルコース料金月額200円がかかります。
初月~3ヶ月までが安いので、初期費用を抑えたい場合はおすすめです。
さらに、キャッシュバッグが30,000円分あります。

実質支払総額は約11万5000円ととてもお得ですが、こちらもGMOとくとくBBと同様にキャッシュバックの受け取りに手続きが必要となります。
キャッシュバック受け取り期間中に、So-netのマイページにログインし、手続きしてください。
マイページのユーザーIDを忘れないように注意しましょう。

☆メリット
ウイルス対策やその他サポートのオプションが充実。
キャッシュバッグが高額で支払い総額が安い

☆デメリット
キャッシュバック受け取り期限を過ぎると30,000円損をする
キャッシュバックまで約1年かかるので手続きを忘れる可能性がある
So-netのマイページからキャッシュバッグの申請をする必要がある
モバイルコース料金がかかる

4位 BIGLOBE

BIGLOBEは、月額料金が安いプランかキャッシュバックありのプランを選ぶことができます。
3年契約の「ギガ放題プラン」で比較してみます。

月額割引のタイプでは、初月0円、2~3か月目3,695円、それ以降は4,030円です。
3年間支払総額は、手数料を入れて約14万3,000円。

キャッシュバックタイプだと、初月0円、2~3か月目3,695円(税抜き)、それ以降は4,380円(税抜き)です。
キャッシュバック額は端末や支払方法によって異なりますが最大23,000円です。

3年間の実質支払総額は、最大のキャッシュバックが適用された場合、約13万2000円です。
キャッシュバックの受け取りの手続きは、BIGLOBEのメールアドレスに送られる通知からマイページにログインし、行う必要があります。

☆メリット
月額割引かキャッシュバックか選べる
口座振替が選べる

☆デメリット
キャッシュバック申請を忘れると受け取れない
キャッシュバックの申請メールがくるまで約1年かかる
支払い総額がやや高い
端末や支払方法によってキャッシュバック額が変わる

5位 nifty

niftyは、3万円キャッシュバック、もしくは毎月の支払いに使用できる@nifty使用権850円×36か月分(30,600円分)付与かを選べるプロバイダです。
@nifty使用権は月々の支払いに充てられるので、月額850円の割引ということになりますね。

「ギガ放題プラン」では、利用初月は0円、2~3か月目は、3,420円、それ以降は4100円となっています。
また、@nifty基本料が月額250円かかります。

利用総額は、キャッシュバックの場合、約12万4000円。
月額割引の場合はこれより600円安くなります。
途中解約する予定がない方には月額割引がおすすめです。

キャッシュバックを受ける場合には、3か月目で案内のメールが来るので口座情報を入力します。
そして、振り込みは9か月目。
これは、ほかのプロバイダと比べると早いですね。
また、口座番号が違うなどのミスがあっても再振込してもらえます。
2回失敗すると失効してしまうので注意してくださいね。

☆メリット
キャッシュバックと月額割引が選べる
キャッシュバックの受け取りが早くて簡単

☆デメリット
簡単とはいえ、キャッシュバックの手続きが必要
支払総額が最安値ではない

ポケットWiFiのプロバイダを料金で比較する時にキャッシュバックは考えてはダメ

GMOとくとくBBやSo-netは高額キャッシュバックがあり、支払総額がかなり抑えられます。
これだけ見るとお得に感じられますが、実はキャッシュバックには、購入端末や契約期間に制約が設けられていることがあります。
さらに、多くのプロバイダでは、契約後1年経ってからキャッシュバックの通知メールが届きます。
しかも、このメール、普段使うメインアドレスではなくプロバイダ独自のアドレスに届くのです。
キャリアメールやGmailならともかく、プロバイダのアドレスには頻繁にアクセスしませんよね。
頻繁にアクセスしていたとしてもその他のメールも大量に送られてくるので、肝心のメールが埋もれてしまって見逃してしまうこともあります。

また、キャッシュバックの申請可能期間は1か月ほどと短く、気づいたときには手遅れになっていることも。
手続きを忘れた場合、キャッシュバックは無効になってしまいます。
3万円以上失効してしまうのはとてもキツイですよね。

実際に、消費生活センターホームページにも、WiMAXのキャッシュバックキャンペーンについての相談が寄せられています。

条件が厳しい、手続きを忘れるリスクがあることを考えると、最初から月額料金が割引されているプロバイダを選ぶ方が賢い選択といえます。

ポケットWiFiはプロバイダの違いで速度が変わることはない

WiMAXに関しては、どのプロバイダを選んでも、速度や対応エリアが変わることはありません。

先ほどもお話しした通り、WiMAXの回線を持っているのはUQ WiMAX(UQコミュニケーションズ)です。
その他のプロバイダは、UQから通信設備を借りてサービスを提供しています。
つまり、どのプロバイダを選んでも、結局は同じUQの回線を使うことになるのです。

速度には違いがないので、料金でプロバイダを選びましょう。

ポケットWiFiプロバイダのおすすめは初期費用の割引がすぐにある「Broad WiMAX」

Broad WiMAXは、毎月の利用料金を安く抑えられるお得なプロバイダです。
また、月額料金の割引以外にも、初期費用が抑えられるキャンペーンが2つあります。
契約する前にしっかりとチェックしておきましょう。

1つ目「初期費用0円!WEB割キャンペーン」

Broad WiMAXのWEBフォームから申し込みをし、クレジットカード払いを選択した場合に適応されます。
初期費用の18,857円が0円になるので、クレジットカードを持っているなら活用しましょう。

このキャンペーンを受けるには、契約時に「安心サポートプラス」、「My Broadサポート」というオプションに加入する必要がありますが、端末到着後に無料で解約することができます。
不要な場合は、忘れないうちに解約しましょう。

2つ目「Broad WiMAXへお得に乗り換えキャンペーン」

他社WiMAXからの乗り換えをする場合、違約金をBroad WiMAXが負担してくれるというお得な内容です。
このようなキャンペーンを実施しているプロバイダは他にはありません。
『今契約しているWiMAX月額料金が高くて困っている』という状態なら、このサービスを利用して乗り換えをしましょう。

WiMAXの解約料の目安は、13か月以内で19,000円、14~25か月で14,000円、それ以降は9,500円です。
プロバイダや契約によって数百円の差はありますが、基本的には上記を目安にして下さい。

Broad WiMAXのキャンペーンでは、最大19,000円まで違約金を負担してもらえます。
他社で契約したばかりだったとしても、自己負担なしで乗り換えができるので、とてもお得です!

WiMAXは、2年契約であれば25か月目、3年契約であれば37か月目が、無料で解約できる【更新月】です。
しかし、だいぶ先のことなのでつい忘れてしまい、違約金がかかってしまうことも。

乗り換えることで料金だけでなく性能も良くなります

更新月を過ぎてしまったと気づいたら、できるだけ早くBroad WiMAXに乗り換えることをおすすめします。
WiMAXの端末は、2年間でかなり進化しているので、最新のものに変えると通信環境が良くなります。

例として、2016年7月発売の【SPEED Wi-Fi NEXT W03】と2018年1月発売の【SPEED Wi-Fi NEXT W05】を比較してみましょう。
【SPEED Wi-Fi NEXT W03】の通信速度は、下り最大220Mbs、【SPEED Wi-Fi NEXT W05】では、下り最大558Mbs。
2年間で300M以上速くなっているのです。

また、【SPEED Wi-Fi NEXT W05】は、Bluetooth接続に対応しています。
Bluetooth接続を利用すると、消費電力を3分の1程度節約することができます。

1年半ほどの間にここまで進化するので、今使っている端末が古い場合は、乗り換えを検討してみてくださいね。

Broad WiMAXは、『初期費用を最小限に、月額料金も安く』という方におすすめのプロバイダです。
各種キャンペーンを賢く利用してお得にインターネットを楽しみましょう。

13社18回線を気になる項目で比較!!2019年8月のおすすめWiMAXプロバイダTOP5 !

[最新機種(W06)][3年契約][ギガ放題][WiMAX2+]の場合
▶︎知りたいランキング項目をクリックしてにゃ
ワイ先輩01
▶︎実質月額が安いランキング▶︎キャッシュバック金額が高いランキング▶︎最安月額基本料金ランキング
実質月額とは (3年間の総支払金額-キャッシュバック金額)➗36ヶ月
No プロバイダ 実質月額(円) 公式サイト
1 Broad WiMAX 2,879
2 とくとくBB(キャッシュバック) 3,335
3 JPWiMAX 3,336
4 Cloud Mobile 3,364
5 とくとくBB(月額割引) 3,407
「現金」のキャッシュバックのみを掲載しています
No プロバイダ 金額(円) 公式サイト
1 とくとくBB(キャッシュバック) 32,100
2 BIGLOBE(クレカ払・キャッシュバック) 30,000
3 Broad WiMAX 25,000
4 @nifty WiMAX 23,100
5 BIGLOBE(口座振替・キャッシュバック) 15,000
契約月以外の最安月額を掲載しています
No プロバイダ 最安月額(円) 公式サイト
1 DTI WiMAX2+ 0
2 Asahi Net 0
3 カシモWiMAX2+ 1,380
4 とくとくBB(月額割引) 2,170
5 Broad WiMAX 2,726
2019.8更新