閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXをLTEモードに切り替える方法とLTE使用時の注意点

  • Pocket
  • LINEで送る

WiMAXのハイスピードモードだと繋がりにくい時がある。
田舎や地下でたまに圏外になってしまう。
auのスマホは問題なく使えるんだけどなぁ。
そんな時はWiMAXをLTEモードに切り替えて電波の受信エリアを拡大してみましょう。

このページではWiMAXのハイスピードモードからau 4G/LTEモード(ハイスピードプラスエリアモード)への切り替え方法と、LTEモードで使うときの注意点を詳しく説明していきます。
何も知らずにLTEモード使いまくると全く使い物にならないwifiになってしまうので、しっかり確認しておいてくださいね。

WiMAXのLTE(ハイスピードプラスエリア)モード切り替え方

このコーナーでは、一番人気のWiMAX最新型ルーター「W05」を例に「LTEモードへの切り替え方」を具体的に説明していきます。

1.ホーム画面から「通信モード設定」を選択

2.「ハイスピードプラスエリア」を選ぶ

3.追加料金がかかるかも?という注意書きが出てくるので「OK」を押す

4.画面右上の「レ」マークを押す

切替方法はたったこれだけ。
特に難しい設定は不要なので今すぐ試してみて下さい。と、
言いたいところなのですが、上のステップ3で紹介した『追加料金がかかるかも?』という点には注意しておいてください。

■「ハイスピードプラスエリア」表示が出ない場合
ルーターの画面に「ハイスピードプラスエリア」が出ていないときは、WEBブラウザから設定すると出現します。

1.ルーターとパソコンを接続する(USBかwifiで)

2.WEBブラウザで↓のURLを開く
http://speedwifi-next.home

3.ユーザ名とパスワードを入れてログインする
ユーザ名:admin
パスワード:ルーター本体に書いているIMEIの下5桁(←自分で変更していない場合)

4.設定ボタンを押して「ハイスピードプラスエリアモード規制」をオフにする

5.適用ボタンを押す

これで、ルーターの画面に「ハイスピードプラスエリア」の表示が出ます。
(ハイスピードプラスエリアモードは一切使うつもりはない!というときは設定をオンにしておくと安心です)

LTEモードに切り替える追加料金はいくらかかるのか?
どんな時にかかるのか?について、下の項目で詳しく説明していきます。

WiMAXをLTEモードに切り替えると追加料金はいくらかかる?

WiMAXのLTEモードは月1,005円かかります。
切り替えたタイミングで課金されるので、月の初めに切り替えるのがお得ではありますね。
ただ、WiMAXの加入プランによっては追加料金ナシで使えることを知っておくと、もっとお得に使えます。

3年契約プランならLTEモードがタダで使える

WiMAXの「ギガ放題3ねん」「3ねん」「よねん」プランに契約した場合は追加料金ナシでLTEモードを使えます。
長期利用の特典といったところですね。
毎月LTEモードに切り替えることがあり、長く使ってもいいよ!という人は、今からでも3年契約のプランに変更すべきです。

■auスマートバリューmineに入ると2年契約でもLTEモードが無料
3年契約プランでなくても、auスマートバリューmine(auのスマホやケータイとのセット割引)に加入すると、LTEモード月額利用料1,005円が無料になります。
auと契約しているのなら是非ともセットで入っておきたい割引ですね。

※auスマートバリューmineは2年もしくは4年の契約縛りがあります。
契約更新月orその翌月に解約するなら無料ですが、それ以外の期間だと契約解除手数料が9,500円も取られてしまうので注意して下さい。

WiMAXをLTEモードに切り替えられる機種はどれ?

このページの最初にW05の機種でLTEモードへの切り替え方法を説明しましたが、W04やW03、WX04、WX03など他の機種でもやり方はほとんど同じです。
(メニュー画面や選択項目もほぼ同じ)

ただ、下記の古い機種ではLTEモードに対応しておらず切替の画面すら出ないので、ルーターの買い替えを考えないとダメですね。
・WX01
・WX02
・WX03
・NAD11
・novas Home+CA
・URoad-Home2+

WiMAXのルーターは、ヤフオクやAmazonで売っていますが最新機種のW05だと新品で10,000円、中古でも6,000円くらいします。

10,000円はちょっと…と、少しでも節約したい人はプロバイダの乗り換えがオススメ!
乗り換えとは言っても、今のプロバイダを一旦解約して他のプロバイダに新規契約する形を取るため、ルーターがタダで貰える新規契約者の特典を狙っていきましょう。
ついでに月額使用料が安いプロバイダを探して、月額使用料を節約できれば嬉しいですね♪

⇒月額使用料が一番安いプロバイダ

WiMAXをLTEモードに切り替えると速度制限がかかりやすくなる

LTEモードを使うにあたって、もう一つ気を付けないとダメなのが「速度制限」について。

ハイスピードモードでは、直近の3日間で合計10GBを超えるデータ使用があった場合、翌日の夕方6時頃~深夜2時頃までの通信スピードが1Mbps(youtube標準画質の動画を何とか視れるくらいの速さ)まで落ちてしまいます。
メール送受信やテキストベースのWEBサイト閲覧などは普通にできるので、そこまで困りませんが、LTEモードに切り替えた状態で月間7GBを超えると「その月末まで128Kbpsの速度にされてしまいます。」
128Kbpsはyahooのトップページを開くのにも60秒近くかかってしまうため、インターネットとしての機能がほぼ使えない!と言っても過言ではありません。
月7GBの制限がかかったらすぐに元に戻せば制限も解除される(ハイスピードモードの制限になる)のでは?とも思われがちですが、実はLTEモードの速度制限がかかると元に戻しても制限は解除されないんです…。
LTEモードを戻し忘れて使い続けて月7GBの制限に引っかかった、という口コミもよく目にするので切り替えた後は元に戻すよう注意してくださいね。

WiMAXのLTEモード切り替えはボタンを押すだけでOK!でも追加料金には要注意

WiMAXのLTEモード(ハイスピードプラスエリアモード)は、ルーターの画面で簡単に切り替えられますが、次の点には注意しておきましょう!

・切り替えた時点で月額1,005円がかかる
・LTEモードで月7GB以上使うと128Kbpsの速度制限がかかる
・↑モードを戻してもこの制限は解除されない

追加料金と速度制限、これら2つのデメリットについては必ず覚えておいてください。

13社18回線を気になる項目で比較!!2019年8月のおすすめWiMAXプロバイダTOP5 !

[最新機種(W06)][3年契約][ギガ放題][WiMAX2+]の場合
▶︎知りたいランキング項目をクリックしてにゃ
ワイ先輩01
▶︎実質月額が安いランキング▶︎キャッシュバック金額が高いランキング▶︎最安月額基本料金ランキング
実質月額とは (3年間の総支払金額-キャッシュバック金額)➗36ヶ月
No プロバイダ 実質月額(円) 公式サイト
1 Broad WiMAX 2,879
2 とくとくBB(キャッシュバック) 3,335
3 JPWiMAX 3,336
4 Cloud Mobile 3,364
5 とくとくBB(月額割引) 3,407
「現金」のキャッシュバックのみを掲載しています
No プロバイダ 金額(円) 公式サイト
1 とくとくBB(キャッシュバック) 32,100
2 BIGLOBE(クレカ払・キャッシュバック) 30,000
3 Broad WiMAX 25,000
4 @nifty WiMAX 23,100
5 BIGLOBE(口座振替・キャッシュバック) 15,000
契約月以外の最安月額を掲載しています
No プロバイダ 最安月額(円) 公式サイト
1 DTI WiMAX2+ 0
2 Asahi Net 0
3 カシモWiMAX2+ 1,380
4 とくとくBB(月額割引) 2,170
5 Broad WiMAX 2,726
2019.8更新