閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ポケットWiFiとWiMAXの違いは何?

  • Pocket
  • LINEで送る

外出先でもパソコンやiPadをインターネットに接続できる「モバイルルーター」ですが、ポケットWiFiWiMAXとは何が違うの?と疑問に思ったことはありませんか?
-WiMAXナビ-指差しネコ
知識がないままに契約してしまうと、後になって別のサービスのことを知っても契約期間の縛りと解約違約金があり直ぐには解約できない(汗、など失敗してしまうことがあります。

「モバイルルーター」を契約する前に知っておくとトクする知識【「ポケットwifi」と「WiMAX」の違い】についてまとめました。

  • 「ポケットwifi」と「WiMAX」の違い
  • 通信速度・電波強度の違い
  • 「WiMAXが優れている」その理由

「ポケットwifi」「WiMAX」って何のこと?

まずは根本的な言葉の意味について知っておきましょう。

一言で表現すると『通信方式が異なる商品名』のことで、提供している会社がそもそも違います。

・ポケットwifi → ワイモバイル社
・WiMAX → UQコミュニケーションズ社

-WiMAナビ-ワイモバイルの「Poket WiFIi」とUQコミュニケーションズの「WiMAX」の違い

「ポケットWiFi」とは、ワイモバイル社(旧イーモバイル社)が販売している持ち運びながらインターネットに接続できる機器の商品名なんですが、

持ち運びながらインターネットに接続できる機器全般をさして「ポケットWiFi」と言うことがあります。

(食品用のラップフィルムのことを「サランラップ」と言ったりしますが、実は「サランラップ」は旭化成が販売しているラップの商品名です。「ホチキス」の話も同じです。)

「WiMAX」とは、UQコミュニケーションズ社が販売する持ち運びながらインターネットに接続できる機器のの商品名をさす言葉です。

「WiFi」とは本来、インターネットに無線で接続できるサービス全体をさす名称なんですが、

一般的には、
「WiFi」は、NTTドコモ・KDDI(au)・ソフトバンクなどの携帯電話機器やモバイルルーターが「3G」や「4G/LTE」の通信方式を使ってインターネットに接続するものを指し、

「WiMAX」は、UQコミュニケーションズ社が提供する機器が「WiMAX」や「WiMAX2+」の通信方式を使ってインターネットに接続するものを指します。

POINT このサイト内では、「3G」や「4G/LTE」の通信方式を使ってインターネットに接続できる持ち運びができる機器のことを「モバイルWiFi」

「WiMAX」や「WiMAX2+」の通信方式を使ってインターネットに接続できる持ち運びができる機器のことを「モバイルWiMAX」or「WiMAX」として説明しています。

「モバイルWiFi」と「モバイルWiMAX」の違いは何?

持ち運びながらインターネットに接続できる機器をざっくりした種類で分けると、「モバイルWiFi」と「モバイルWiMAX」とに分けることができます。

上でも少し説明したように「モバイルWiFi」と「モバイルWiMAX」は、インターネットに接続している『通信方式』が異なります。

■「4G/LTE」「WiMAX2+」って何のこと?
「4G/LTE」「WiMAX2+」とは、『通信方式(インターネットに接続する方法)』です。

「4G/LTE」が、携帯電話に使用される通信方式で、
「WiMAX2+」が、広帯域異動無線アクセスシステムに使用される通信方式です。

使用している電波の周波数帯も異なります。

■現在使われている『通信方式』のそれぞれ
・「モバイルWiFi」 → 3G,4G/LTE
・「モバイルWiMAX」 → WiMAX,WiMAX2+

ですので、
「持ち運びができるインターネットに接続できる機器」の契約を考えている人は、

「モバイルWiFi(4G/LTE)」にするのか?
「モバイルWiMAX(WiMAX2+)」にするのか?

から決めることになります。

モバイルWiFi(4G/LTE)とモバイルWiMAXだと通信速度は「モバイルWiMAX」の方が速い

モバイルルーターを選ぶにあたって<通信速度>は最も重要ですよね。
モバイルWiFi(4G/LTE)とモバイルWiMAX(WiMAX2+)の通信速度を比べてみると、モバイルWiMAXの方がモバイルWiFi(4G/LTE)よりも2倍以上速いという口コミがとても多かったです。

どうしてWiMAXの方が速いのか?
【理由その1】使用している周波数帯が違うから。
モバイルWiFi(4G/LTE)の場合は、スマホや携帯電話で使われている4GやLTEの周波数帯を使っているので、混雑したエリア(人ごみ)では速度が急激に落ちてしまいます。
それに対してモバイルWiMAX(WiMAX2+)は、WiMAX専用の周波数帯を使っているためデータが混雑する心配はほぼありません。

また、モバイルWiFi(4G/LTE)が利用する800MHZ,700MHz,900MHzの周波数帯は、プラチナバンドと言われ、遠くまで電波は届きますが、モバイルWiMAXが利用する2.5GHzの周波数帯よりも周波数の数値が少ないので一度に運ぶデータ量も少ないです。

モバイルWiFi(4G/LTE)の3.5GHz帯は、周波数の数値が高いので一見一度に運ぶデータ量が多いように見えますが、電波が届く範囲が極端に狭いため都心などピンポイントに基地局を立てた場所周辺以外では、ほぼ電波は届きません。

【理由その2】WiMAX2+は、キャリアアグリゲーション技術を使って同時に2つの電波をキャッチしているから。
通信方式の「WiMAX」と「WiMAX2+」は、同じ2.5GHz帯の電波を利用していますが、「WiMAX2+」のルーターは受信できる電波量が2倍以上に進化ました。

-WiMAXナビ-WiMAX2+のルーターは、WiMAXルーターに比べ2倍の電波を受信します。だから速い!

モバイルWiFi(4G/LTE)とモバイルWiMAXだと電波が強いのは「モバイルWiMAX」

電波の強度に関しても上でした通信速度と同じ原理で、WiMAXの方が強いです。
モバイルWiFi(4G/LTE)よりも安定した回線を使うモバイルWiMAXは一度にやり取りできるデータ量が多いので、その分電波の強度も上がります。
また、基地局を多く設置することで強い電波が届くエリアを拡大しています。

対応エリアに関しては「モバイルWiFi(4G/LTE)」の方が少し有利?

電波受信可能なエリアは携帯電話やスマホの周波数帯を使っている方が少しだけ広く、地下や山の麓でも繋がる(でも電波は弱い)ケースは多いです。現在使用しているプラチナバンドの周波数帯(700MHz,800MHz,900MHz)が、弱い電波で遠くまで届く特性があるからです。

WiMAXは2009年に登場した比較的新しい通信技術です。
急ピッチで送受信設備(アンテナ)の設置がおこなわれましたが、4GやLTEに比べるとマイナーなエリアまでは手が回っていません。

もともと使用している周波数帯(2.5GHz)は、短距離に強い電波をどどける・障害物に弱いという特性があるので、アンテナが遠い山麓や地下の一部では受信が全くできないケースもあります。

そこで、WiMAXはその問題を少しでも早く解決しようと次のようなサービスを開始しました。

■WiMAXがauの4G/LTE回線を借りてエリア拡大
対応エリアでモバイルWiFi(4G/LTE)に何とか勝てないものか?と考えたのが『auの4G/LTE回線の800MHz周波数帯を使わせてもらう』という作戦!

モバイルWiMAXルーターで「WiMAX2+の電波」と「au 4G/LTEの電波」を切り替えて使うことができるようになりました。

「au 4G/LTE」の利用は有料のオプションですが、WiMAXのギガ放題3年プラン以上に入ると1,005円のオプション料金が無料になるので実質タダのようなものです。

この対策のおかげで、通信速度・電波強度・対応エリアの全ての項目において「WiMAX」が優れているという結論が出ました。

「WiMAX」をプロバイダを挟んで契約する理由

WiMAXはUQコミュニケーションズの公式サイトから申し込んでも良いですが、プロバイダを間に挟むと月額が安くなります。

例えば、BroadWiMAX(ブロードワイマックス)と言うプロバイダで契約した場合、

[UQ公式]月額3,696円〜
-WiMAXナビ-UQWiMAXの基本料金イメージ(3年)

[BroadWiMAX]月額2,726円〜
-WiMAXナビ-BroadWiMAXの基本料金の支払いイメージ(3年)

3年間のギガ放題の契約の場合、UQ公式からの申し込みより毎月750円も安く使えるのは嬉しいですね♪

更に今ならBroadWiMAXでは、期間限定の25,000円のキャッシュバックキャンペーンを行なっています。
-WiMAXナビ-BroadWiMAXの25,000円キャッシュバックキャンペーンのリンクバナー
このキャッシュバックキャンペーンのおかげでどのプロバイダよりも実質月額が一番安くなります。
キャンペーンが終了する前に、チェックしてみてください^^

→ BroadWiMAX公式キャンペーン

13社18回線を気になる項目で比較!!2019年8月のおすすめWiMAXプロバイダTOP5 !

[最新機種(W06)][3年契約][ギガ放題][WiMAX2+]の場合
▶︎知りたいランキング項目をクリックしてにゃ
ワイ先輩01
▶︎実質月額が安いランキング▶︎キャッシュバック金額が高いランキング▶︎最安月額基本料金ランキング
実質月額とは (3年間の総支払金額-キャッシュバック金額)➗36ヶ月
No プロバイダ 実質月額(円) 公式サイト
1 Broad WiMAX 2,879
2 とくとくBB(キャッシュバック) 3,335
3 JPWiMAX 3,336
4 Cloud Mobile 3,364
5 とくとくBB(月額割引) 3,407
「現金」のキャッシュバックのみを掲載しています
No プロバイダ 金額(円) 公式サイト
1 とくとくBB(キャッシュバック) 32,100
2 BIGLOBE(クレカ払・キャッシュバック) 30,000
3 Broad WiMAX 25,000
4 @nifty WiMAX 23,100
5 BIGLOBE(口座振替・キャッシュバック) 15,000
契約月以外の最安月額を掲載しています
No プロバイダ 最安月額(円) 公式サイト
1 DTI WiMAX2+ 0
2 Asahi Net 0
3 カシモWiMAX2+ 1,380
4 とくとくBB(月額割引) 2,170
5 Broad WiMAX 2,726
2019.8更新
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事

前の記事

次の記事