閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

タブレットやノートパソコンの通信量は結構多い!PCのデータ通信量を調べる方法(Win・Mac)

  • Pocket
  • LINEで送る

テザリングでスマホが速度制限に、PCのデータ通信量を調べる方法(MAC・Win)-WiMAXナビ-

テザリングとは、iPhoneやAndroidスマホからWiFi電波を飛ばしてノートパソコンやタブレットをインターネットに接続できるようにする仕組みのこと。

タブレットを端末だけ購入して、スマホのテザリングでゲームや動画視聴をする人も多いですよね。
-WiMAXナビ-スマホのテザリングを使ってipadでYoutubeを観るネコ
ノートパソコンを外出先で使うだけならそんなに利用頻度は高くないかと思いますが、常時自宅でテザリングを利用して常時繋いでいるとスマホの速度制限がよくかかる…。
そもそも毎月どのくらいのデータ使用容量があれば充分なのか、まずはノートパソコンの通信量を確認しないといけませんね。

  • PCの通信量をチェックする方法
  • 何でどのくらいのデータを使うのか
  • テザリング時のスマホへの悪影響
  • テザリングよりも安くネット接続する方法

ノートパソコンデータ通信量(テザリング接続)を調べる方法 <Windows7/8/10>

まずは、ノートパソコンのネット通信量はどれくらいなのか?をシッカリと知るところから始めましょう。
Windows7、8、10では少し確認方法が違うので、それぞれのやり方を説明していきます。

■Windows7場合
<スタートボタン>→<コントロールパネル>

(カテゴリ表示にして)<ネットワークトインターネット>

<ネットワークと共有センター>

<アクティブなネットワークの表示>にあるネット接続名のリンクをクリック(↓画像の赤丸)


<[接続先名]の状態ボックス>の送信および受信バイト数をチェックする(↓画像の赤線)

この場合だと、送信が25,916,186バイトなので約26MB、受信は150,122,333バイトなので約150MBのデータ使用量となります。
ちょっと計算が面倒ですが、細かい部分までチェックできるのは助かりますね。
■Windows8場合
<設定接続画面を出して無線のアイコンを押す>(↓画像の赤丸)


<当該の接続先>を右クリックするとメニューが出るので「概算データ使用量を表示する」をクリックする


すると、最近60日間の累計データ使用量が表示されます。
最初にこの画面を開いたときは、文字通り60日間のものなので一旦リセットをしてから測定したいタイミングで再度確認してくださいね。
■Windows10場合
<スタートメニュー>→<設定>をクリック

<ネットワークとインターネット>のアイコンをクリック


左上にある<データ使用状況>をクリック

概要の部分に円グラフで過去30日間のデータ使用状況が出るのでチェックしましょう。
※Windows8と同じく、過去の累計が出ているのでリセットして計測をしてくださいね。

Windows7では、いくつも窓を開かないとダメなので少し面倒ですが、Windows8から後のOSでは2クリックで通信量のチェックができるようになりました。
やはり、このインターフェイス(操作画面)の簡略化は無線LANが現代のスタンダートになっている、ということなのでしょう。

MACパソコンのデータ通信量を調べる方法<mac os Mojave 10.14>

■MacOS10.14場合
Finderから「アプリケーション」→「ユーティリティ」を開きます。Macでデータ通信使用量を調べるには「アクティビティモニタ」を開くべし-WiMaxナビ-

その中に「アクティビティモニタ」というアプリがあるので開いてください。

「ネットワーク」のタブを開くと、右下の方に【パソコンを起動した時からの総使用量がリアルタイムで】表示されます。

Macの「アクティビティモニタ」では、リアルタイムで上り下りのデータ通信量が表示されます-WiMAXナビ-

受信したデータ(下り)

送信したデータ(上り)

Macのデータ通信量を調べる「アクティビティモニタ」では、リアルタイムの上り下りの数値がわかりますが、それはパソコンを起動してからの総使用量の数字です。-WiMAXナビ-

1日分のデータ量を調べたい場合は、「受信したデータ(下り)」と「送信したデータ(上り)」の2つの数字をメモっておいて、翌日同じ時間にチェックしてみると良いかなと思います。

めんどくさくなければパソコンを再起動するという手もありますが、Mac使いの人は常時電源入れっぱなしでソフトウエアを起動しっぱなしの人も多いと思いますので…(汗。

更に「プロセス名」別に上り下りの数値がわかりますので、どの部分がデータ通信量を多く使っているかなども分かります。

Macパソコンのデータ通信量を調べる「アクティビティモニタ」では、どの部分がデータ通信量が多いかなども把握できます。-WiMAXナビ-

ノートパソコン通信量(テザリング接続)は何をすればどれくらい使う?

上の項目で500MB、1.5GB、4.8GBと数値は人それぞれ違いますが、通信データ量がどれくらいなのか?はだいたい分かりましたよね。

げっ!そんなに使ったっけ?
あれだけ使ってその程度のデータ量なんだ?

と、色んな反応があるかとは思います。
今後の使い方を考えるためにも、どんな事をすればどれくらいのデータ通信量なのか?を、ここでチェックしておいてください。

■ネット接続のアクションとデータ通信量
・メール送信1通(テキスト) 250KB
・メール送信1通(写真1枚入り) 1.5MB
・webサイト閲覧(テキスト多め)60KB
・webサイト閲覧(画像多め)6.2MB
・Youtube視聴10分(標準画像) 50MB
・Youtube視聴10分(HD画像) 100MB
映画視聴120分(HD画像) 2.0GB
・ネットゲーム60分(動き少なめ)300MB
ネットゲーム60分(激しく動く)3.5GB

データ通信量に関しては概算の表記ですが、やはり画像や動画が絡むとかなりの容量を食いますね…。
特にノートパソコンでMMORPGやFPSなどのデータ通信量が多いオンラインゲームをテザリング接続でよくプレイする人は、使用データ量を常に気にしておいた方がいいです。

ノートパソコン通信量(テザリング接続)が多すぎて速度制限がかかるとスマホが超低速に…

スマホのテザリングだと、どこでもノートパソコンでネット接続ができる!コレは便利!と調子に乗って繋ぎまくっていたらあっという間に「スマホのデータ使用量制限」に引っかかってしまいます。

データ使用量の制限に関しては各キャリアで細かく設定しているので、契約している会社の公式HPでチェックして欲しいのですが、ここでは例としてauのデータ使用量制限について説明をしていきますね。

■auのデータ使用量制限について
auでは、あらかじめ指定のデータ使用量を決める「データ定額プラン」「auフラットプラン」と、月間のデータ利用料によって料金が変動する「auピタットプラン」があります。
それぞれのデータ通信量と月額料金はザッとこんな感じです。

○auフラットプラン7プラス
7GBまで+SNS無料 → 3,480円〜○auフラットプラン20
20GBまで → 4,000円〜

○auフラットプラン30(2019年6月30日受付終了)
30GBまで → 6,000円〜

○auフラットプラン25 Netflixパック
25GBまで+Netflix+ビデオパス → 5,150円〜

○新auピタットプラン(↓データ利用量によって料金が毎月変動
1GBまで → 1,980円〜
1GB〜4GB  → 2,980円〜
4GB〜7GB  → 4,480円〜

○auデータMAXプラン
上限なし  → 5,980円〜

テザリング接続をしたノートパソコンでどんな風にネットを使うのか?月当たりどれくらいのデータ使用量になるのか?を計算して最も適した料金プランを選ぶのがベストなのですが、つい使いすぎた場合はスマホの速度が128kbpsまで低下します。

一つ前のブロックで説明した、どのくらいのデータ通信量でどんなことができるのか?リストを見てみると…。
テキストベースのwebサイトを見るくらいなら快適にできる。
画像や動画が絡むとほぼ使い物にならない状態となりますね。

しかも、それが翌月まで続くとストレスがMAX!
-WiMAXナビ-低速にイライラしてスマホを投げつけるネコ
そのストレスに耐えきれず、私は0.5GB(594円)もしくは1.0GB(1,080円)のデータを追加で毎月購入しています。

↑速度制限リセットまであと数日だったのですが、あまりにも遅すぎて我慢できずに追加データを購入してしまった最悪なパターンですね。(汗)

データ使用量だけで毎月4,500~6,000円近くも支払っているのはハッキリ言って不経済!
もっと何か節約できる手段があるハズ!と思って色々調べた結果が↓です。

ノートパソコン通信量(テザリング接続)を気にしたくないなら無制限のWiMAXがおすすめ

スマホのデータ定額を一番安いプラン(1GBまでのプラン)にして、その他はWiMAXを利用してみたらどうだろうか?と思い、実際に計算をしてみました。

これまでの通信費 14,000円
・スマホ 通話+データ通信 9,000円
・固定回線(光) 5,000円

節約後の通信費 7,000円
・スマホ 通話+データ通信 4,000円
・WiMAX データ通信 3,000円
・固定回線(光) 解約

私の場合、固定回線の代わりとしても使えるので思い切って固定回線は解約。
通信費が半額になりました♪

しかもWiMAXの場合は、3日で10GB使わないと速度制限(それでも1Mbps)がかからないので、今までのように月3GBまでで抑えなきゃ…、といちいち考えなくて良いのも精神的にかなり楽になります。

POINTスマホのテザリングでノートパソコンをネット接続して使う人は、WiMAXを導入してデータ通信量を気にせず料金も節約しながら今まで以上に快適なネットライフを送りましょう。

13社18回線を気になる項目で比較!!2019年8月のおすすめWiMAXプロバイダTOP5 !

[最新機種(W06)][3年契約][ギガ放題][WiMAX2+]の場合
▶︎知りたいランキング項目をクリックしてにゃ
ワイ先輩01
▶︎実質月額が安いランキング▶︎キャッシュバック金額が高いランキング▶︎最安月額基本料金ランキング
実質月額とは (3年間の総支払金額-キャッシュバック金額)➗36ヶ月
No プロバイダ 実質月額(円) 公式サイト
1 Broad WiMAX 2,879
2 とくとくBB(キャッシュバック) 3,335
3 JPWiMAX 3,336
4 Cloud Mobile 3,364
5 とくとくBB(月額割引) 3,407
「現金」のキャッシュバックのみを掲載しています
No プロバイダ 金額(円) 公式サイト
1 とくとくBB(キャッシュバック) 32,100
2 BIGLOBE(クレカ払・キャッシュバック) 30,000
3 Broad WiMAX 25,000
4 @nifty WiMAX 23,100
5 BIGLOBE(口座振替・キャッシュバック) 15,000
契約月以外の最安月額を掲載しています
No プロバイダ 最安月額(円) 公式サイト
1 DTI WiMAX2+ 0
2 Asahi Net 0
3 カシモWiMAX2+ 1,380
4 とくとくBB(月額割引) 2,170
5 Broad WiMAX 2,726
2019.8更新