閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

iPhoneユーザーにWiMAXがおすすめな4つの理由とは?

  • Pocket
  • LINEで送る

普段、iPhoneでゲームしたり動画を見たりすると、いつの間にか通信量が制限を超えてしまって、「使いたい時に速度が遅くて不便。」とか「早く来月にならないかなぁ。」と思ったことはありませんか?
そんな時Wi-Fiが通ってるエリアや飲食店などを探すものの、なかなか見つからなかったり。
「どこでもインターネット使えたらなぁ」「残りギガが気になる」など、考え事が余計に増えてしまうとストレスになりますよね。

そんなあなたにオススメなのが、WiMAXとiPhoneの併用です。
このページでは、WiMAXとiPhoneを同時に持つメリットや注意点、トラブル時における対処法やおすすめのプロバイダを解説していきます。

iPhoneユーザーがWiMAXを利用する4つのメリット

iphoneユーザーに限らず、スマホやタブレット端末を使用している人にもオススメなのがwimax。
そのメリットとは、「契約上の通信料金が大幅に節約できる」「通信量を気にせず使える」「快適な通信速度でサクサク使える」「テザリング機能を使わなくてもネットができる」この4つです。

それぞれを詳しく解説していきます。

毎月の料金を節約できる

wimaxがあればiPhoneの契約プランを最安のものにして、WiMAXでネットに繋げば毎月の費用が節約できます。
WiMAXは通信量が無制限の「ギガ放題プラン」を選びましょう。
そうすることで知人や家族間の通話でLINEなど無料通信アプリを使えますので、通話料の節約にもなります。
有料オプションでテザリング機能をつけていた場合、テザリング料金も必要なくなります。

WiMAXのプロバイダにも様々な種類があります。
iPhoneの3キャリアと同じように、WiMAXでもどのプロバイダを選ぶかによって節約が可能です。
代表的なプロバイダは「Broad WiMAX」「So-net」「UQ WiMAX」の三つが挙げられます。
例えば「Broad WiMAX」であれば、月々2,726円~で利用することができ、「So-net」であれば4,179円~の利用、「UQ WiMAX」であれば3,696円~の利用になっています。
三社の2年間の支払い総額を計算してみると、一目瞭然「Broad WiMAX」の方が他社と比べて金額が少なく費用を最小限に抑えることが可能です。

通信量を気にせずに使える

iphoneの今月のデータ量や従量制での料金が気になる人でも、wimaxの使い放題の「ギガ放題プラン」なら通信量を気にせずに使うことができます。
安心してデータのダウンロードや、動画を見ることができるようになります。
ですが、wimaxのギガ放題プランでは3日間で10GBを使用した場合、回線混雑回避のために速度制限がかかります。
といっても3日で10日間を超えることはほとんどありませんし、通信制限も回線が混む夜のみですので気にしなくても問題ありません。

下り最速708Mbpsでサクサク使える

wimax2+の下りの最大速度は440Mbpsとなりますが、エリアによっては708Mbpsで利用できる場合があります。
iPhoneの通信速度にイライラしてる人でも、wimaxを活用すると重いデータのダウンロードや、ゲーム・高画質の動画などもサクサク利用できます。
これはiPhoneの3キャリア回線では不可能です。

テザリング機能なしでネットが使える

iphoneでデザリング機能を使うと、バッテリーの消費や使用するデータ量が大幅に上がります。
しかしwimaxを利用することでデザリング機能を使うことがないので、バッテリー持ちやデータ量の心配をすることがなくなります。
しかもWiMAXの方がiPhoneのテザリングより通信速度も出ますので一石二鳥です。

iPhoneユーザー必見!WiMAXを利用する際の注意点

WiMAXとiPhoneの併用はメリットばかりではありません。
ここでは注意点も解説していきます。

注意点1.バッテリー切れに注意

wimaxはバッテリーを使用しているので、当然充電が必要になります。
一日中使う予定なら、前日の夜のうちにきちんと充電しておきましょう。
iPhoneのACアダプターを使ってコンセントで充電するか、パソコンとWiMAXをUSBケーブルでつないで充電することが可能です。
不測の事態に備えて、予備のバッテリーを別途購入しておくのもアリ。

注意点2.機種変更したら再接続が必要

iphoneも続々と新機種が出てきます。
機種変更をした場合wimaxとの接続はされていない状態になっていますので、再接続が必要です。
接続の際の「パスワードの紛失」「パスワードの入力ミス」には十分気を付けてください。

注意点3.ルーターを持ち歩かなければならない

wimaxを利用する際は、ルーター本体を常に持ち歩かなければなりません。
でないと、iphone本体の回線を使用することになります。
荷物が多い人や、忘れ物をしがちなら特に注意です。
また、本体は小型端末ですので、無くしてしまうケースもあります。
収納できるスペースやスグに目に入る場所に保管することを強くオススメします。

注意点4.場所によっては速度が遅い

iPhone(ドコモ、AU、ソフトバンク)の電波エリアは日本のほぼ全地域に広がっていますが、WiMAXのエリアはまだまだ全地域に広がりきれていません。
そのためネットを利用する環境や場所によって、WiMAXは繋がりにくい場合があります。
WiMAXだけではなくiPhoneにも言えることですが、地下鉄や新幹線の走行中、トンネルなどは電波がつながりにくい場合があるので注意しましょう。

iPhoneでWiMAXを利用するには?実際の設定方法

iphoneとwimaxを連動させるには必ず手順があります。
まずは双方の電源を入れ、iphone側の設定から「Wi-Fi」をオンにします。
すると複数のWi-Fiの選択が出てくるので(設定する際の場所に異なります)お手持ちのwimax端末の名称を選択し、あらかじめ決められているパスワードを入力します。
パスワードの打ち間違えには十分注意しましょう。
ちなみに、パスワードはルーターが入っていた箱の中の紙に記載されてます。

iPhoneでWiMAXに接続できない!困ったときの対処法

接続手順を正しく行ったはずなのにうまく接続できない、あるいは通信速度が異常に遅いと感じた際には必ず何かしらの問題が生じています。
その場合の主な原因は以下のようなものが考えられます。

・接続の際のパスワードの誤入力
・使用量の上限を超えて速度制限モードになっている時の使用
・wimaxのルーターやiphoneに不具合がある
・双方端末の一時的なエラー(再起動すると直ります)

以下で、これらの対策方法をまとめます。

パスワードをもう一度確認

多くの接続不良の場合は、パスワードの誤った入力が挙げられます。
0とOの見間違いなどはよくあることですので、Wi-Fi接続で選択したルーター名称とパスワードをもう一度確認した上で再入力をしましょう。
wimax端末のパスワードはルーターの入ってた箱の中の紙に記載されています。

ネットワーク設定をリセットする

アクセスポイントやパスワードが正確なのに繋がらない場合は一度、iphoneで以前使ったことのあるアクセスポイントのリセットをすると、wimaxに接続できることがあります。
iphoneの「設定」を選択し、「一般」の項目から「リセット」→「ネットワーク設定をリセット」の手順でリセットすることができます。
リセットを終えたらもう一度回線の接続を試みてください。

iPhone・WiMAX端末を再起動する

iphoneもwimax精密機械ですので不具合が生じることがあります。
すぐに壊れていると判断するのは早計です。
一時的なエラーの場合もありますので、iphoneとwimaxの双方のどちらか、または両方の電源を一度切り再起動してみましょう。
再起動することで接続が直るケースが多々あります。

それでもうまくつながらない時は、サポートセンターへの問い合わせが必要になります。

WiMAXの代表的なプロバイダ

wimaxの代表的なプロバイダとして「Broad WiMAX」「So-net」「UQ WiMAX」が挙げられます。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

最安級の月額料金が魅力「Broad WiMAX」

なんといっても「Broad WiMAX」は他社と比べ月額2726円と業界最安値級の価格が魅力的です。
初期費用18,857円が無料になるキャンペーンも実施中なので、費用を出来るだけ抑えたい人にはオススメ。
プランには、月間データ容量7GBの「ライトプラン」と使い放題の「ギガ放題プラン」があります。
使用するデータ量が多い場合は使いたい放題の「ギガ放題プラン」がオススメです。
あまりデータ量を使用しない場合は「ライトプラン」が良いでしょう。
また、即日配送や当店での受け取りが可能だったり、12日以内なら解約無料など、急いでいる方やWiMAXで失敗したくないと思っている人にもオススメできるプロバイダです。

初心者のためのサポート体制が充実した「So-net」

「So-net」は老舗プロバイダのSo-netが運営しているため安心して利用できます。
「安心サポート」、「くらしのお守りワイド」など初心者のためのサポートが充実しています。
WiMAXや光回線など電子機器・通信系が苦手なら、サポートがしっかりとした「So-net」のwimaxがオススメです。
また、プランには月間データ容量7GBの「Flat ツープラス」(月額3,450円~)と使い放題の「Flat ツープラス ギガ放題」(月額4,050円~)があります。
上記の通り、料金は高めに設定されています。
支払い方法は、クレジットカード・口座振替両方に対応しています。
また、別途でSo-net会員費用200円/月が必要なので注意です。

サポート体制がしっかりした「UQ WiMAX」

「UQ WiMAX」はWiMAX回線を提供しているUQコミュニケーションズが運営しているプロバイダです。
回線トラブルへの素早い対応や、サポート体制がしっかりとしている会社になります。
wimaxを仕事で使用する場合は、早急に対応する「UQ WiMAX」がオススメです。
また、プランには、月間データ容量7GBの「UQFlat ツープラス」(月額3,696円)と使い放題の「UQFlat ツープラス ギガ放題」(月額4,380円)があります。
こちらも、キャッシュバックを行っていませんが、キャンペーンで商品券10,000円分の贈呈を実施中です。
他社と比べるとキャンペーンが弱く料金も高いですが、wimaxの本家で、公式という安心感があります。

WiMAXを活用してiPhoneを賢く快適に使おう!

以上がiphoneユーザーがwimaxを利用することのメリットになります。
様々な会社が取り扱っているwimaxがありますが、通信速度や使いやすさには全く変わりがありません!
電子機器が使い慣れてるか、使えないかの問題なんです。
そこでいろいろな対応サービスがあるわけですね。
安心して使いたい方は、サービスのしっかりしたwimaxを使用する、その上料金は高いけどキャッシュバックがある会社を選ぶなど、実際は、自身のやりくりが重要になります。
その点を踏まえて考えてみると、iphoneの契約でかさむ費用もwimaxがあれば毎月の費用を抑えることが可能なんです!
毎月のデータ量を気にせず使いたい人、使用するデータ使用量が多い人など、いろいろな目的で幅広く使用されているwimax。

契約に手間がかかるからと目をつむっていては、気づかない内に損をしてしまいます。
一度真剣に費用のやりくりを考えてみて、そのうえで、どのサービスがあるのか自分に合ったwimaxのプランを考えてみてはどうですか?
この機会を機にぜひご検討してみてください。

13社18回線を気になる項目で比較!!2019年8月のおすすめWiMAXプロバイダTOP5 !

[最新機種(W06)][3年契約][ギガ放題][WiMAX2+]の場合
▶︎知りたいランキング項目をクリックしてにゃ
ワイ先輩01
▶︎実質月額が安いランキング▶︎キャッシュバック金額が高いランキング▶︎最安月額基本料金ランキング
実質月額とは (3年間の総支払金額-キャッシュバック金額)➗36ヶ月
No プロバイダ 実質月額(円) 公式サイト
1 Broad WiMAX 2,879
2 とくとくBB(キャッシュバック) 3,335
3 JPWiMAX 3,336
4 Cloud Mobile 3,364
5 とくとくBB(月額割引) 3,407
「現金」のキャッシュバックのみを掲載しています
No プロバイダ 金額(円) 公式サイト
1 とくとくBB(キャッシュバック) 32,100
2 BIGLOBE(クレカ払・キャッシュバック) 30,000
3 Broad WiMAX 25,000
4 @nifty WiMAX 23,100
5 BIGLOBE(口座振替・キャッシュバック) 15,000
契約月以外の最安月額を掲載しています
No プロバイダ 最安月額(円) 公式サイト
1 DTI WiMAX2+ 0
2 Asahi Net 0
3 カシモWiMAX2+ 1,380
4 とくとくBB(月額割引) 2,170
5 Broad WiMAX 2,726
2019.8更新