閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAX2+ハイスピードプラスエリアモード切り替え方法と注意点

  • Pocket
  • LINEで送る

WiMAX2+の通信モードには、「ハイスピード」という標準のモードと「ハイスピードプラスエリア」というau 4G LTEのエリア内(auのケータイやスマホが繋がるエリア)でも繋がるエリア拡大のモードがあります。

このページでは各WiMAX2+ルーターにおいて、ハイスピードプラスエリアモードへの切り替えはどんな手順ですればいいのか?を詳しく説明していきます。

WiMAX2+ハイスピードプラスエリアモード切り替え方法[W04]

まずは人気機種の『W04』から説明していきます。


↑の【通信モード設定】ボタンを押し、【ハイスピード】/【ハイスピードプラスエリア】のチェックボックスにチェックを入れると切り替えの確認画面が出てきます。


↑の【OK】ボタンを押すと切り替え完了!

WiMAX2+ハイスピードプラスエリアモード切り替え方法[WX04]


↑の【通信モード】ボタンを押し、【ハイスピード】/【ハイスピードプラスエリア】のラジオボタンにチェックを入れるとW04と同じく切り替え確認画面が出ます。


↑の【はい】ボタンを押して切り替えが完了します。

■WX04の嬉しいモード『ワンタイム ハイスピードプラスエリアモード』について
WX04には次の条件になった時に自動的に「ハイスピードモード」に切り替わる『ワンタイム ハイスピードプラスエリアモード』があります。

・電源OFF時
・約10時間経過後
・再起動時

ちょっと電波を受信しにくいから…と一定の時間のみハイスピードプラスエリアモードでの接続をする時に、モード戻し忘れの予防になるのが嬉しいですね。
(ハイスピードプラスエリアモードで通信をすると、データ通信量無制限コースであっても月7GBまでの制限がかかります。)

WiMAX2+ハイスピードプラスエリアモード切り替え方法[W01]

ホーム画面の【設定】ボタンを押し、【通信設定】→【通信モード設定】
→【ハイスピード】/【ハイスピードプラスエリア】にチェックを入れて切り替えます。


【OK】ボタンを押して切り替えが完了。

WiMAX2+ハイスピードプラスエリアモード切り替え方法[WX01]

WX01ルーターには、ハイスピードプラスエリアモードが搭載されていません。
ハイスピードモード(WiMAX2+ネットワーク)とノーリミットモード(WiMAXネットワーク)のどちらかしか使えない機種です。

ハイスピードプラスエリアモードに切り替えると月1,000円の追加料金がかかる!

ハイスピードプラスエリアモードは、通常のハイスピードモードよりも広いエリアに対応しているため有料オプションサービスとなります。
利用料金は月額1,005円で、一度支払ったらその月は何度切り替えてもそれ以上の課金はされません。

■間違ってハイスピードプラスエリアモードしちゃう事はある?
上の切り替え手順の項目でも画像つきで説明しましたが、切り替え前には『別料金がかかるけどいい?』といった内容の問いかけがあり、それに同意してOKボタンを押さない限り切り替わりません。
ですので、何かの拍子に偶然当たって切り替わってしまった!なんて事はまず起こらないので安心してください。

■月1,005円って安い?高い?
このオプションに対しての価値は、実際に使う場所でWiMAX2+の電波がどれくらい届くのか?によって変わってきます。
電波が届きにくく、ハイスピードモードでは使い物にならない…という人にとっては安いかもしれませんが、たま~に途切れやすくなる人は割と高く感じることでしょう。

■ハイスピードプラスエリアモードを無料で使う条件
WiMAX2+は、ある条件をクリアするとハイスピードプラスエリアモードのオプション利用料1,005円が無料になります。

その条件は次の2つ。
3年契約プランで加入(利用者の場合はプラン変更)
auスマートバリューmineに加入(auスマホorケータイ利用者)

ハイスピードプラスエリアモードを使った方がいいかな…と、現時点で考えている人は思い切って3年契約のプランに切り替えると良いですね。
切り替えから3年間の縛り契約になりますが、毎月1,000円がタダで使えるのなら大したデメリットにはなりません。

また、auスマートバリューmineに関しては、スマホやケータイのプランによって最大1,000円の割引も適用されるので、まだ加入していない人は今すぐ検討した方がいいですね。

■注意!7GBのデータ使用量制限がかかる
モードの切り替え方法の説明部分でも少し触れましたが、ハイスピードプラスエリアモードは月7GB以上のデータを使うと速度制限がかかってしまいます。(最大128kbps)

128kbpsで快適にできるのは、テキストのみのwebページやメールの閲覧くらいです。
試しにGoogleの検索トップページを開いたところ、完全に表示されるまでに30秒ほどかかりました…。
これでは使い物になりませんね。

制限がかかったら、無制限で契約をしたハイスピードモードに切り替えればいいんじゃないの?と思いますが、ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかってしまうとモードを切り替えても翌月までは制限が解除されません。
ハイスピードプラスエリアモードで使う時は、使用データ量を都度確認しながら使わないとダメなことを覚えておいて下さい。

ハイスピードプラスエリアモードはメリットとデメリットを知った上で切り替えよう

ハイスピードプラスエリアモードのメリットは、
かなり繋がりやすくなる(auスマホ・auケータイが使えるエリアで使える)

それに対しデメリットは、
・使った月は1,005円の追加料金がかかる
・月7GB速度制限の対象となる

と、デメリットの方が多く見えますが、追加料金は条件達成でタダにできるし、月7GBは小マメにチェックしておけばそうそう超えないので、デメリットは実質ナシと考えていいでしょう。

ハイスピードプラスエリアモードに切り替える前に、3年契約のプランに変更できないか?auスマートバリューmineに入れないか?を一度チェックしておいてくださいね。
割引を適用されてお得にオプションを使っちゃいましょう。

13社18回線を気になる項目で比較!!2019年8月のおすすめWiMAXプロバイダTOP5 !

[最新機種(W06)][3年契約][ギガ放題][WiMAX2+]の場合
▶︎知りたいランキング項目をクリックしてにゃ
ワイ先輩01
▶︎実質月額が安いランキング▶︎キャッシュバック金額が高いランキング▶︎最安月額基本料金ランキング
実質月額とは (3年間の総支払金額-キャッシュバック金額)➗36ヶ月
No プロバイダ 実質月額(円) 公式サイト
1 Broad WiMAX 2,879
2 とくとくBB(キャッシュバック) 3,335
3 JPWiMAX 3,336
4 Cloud Mobile 3,364
5 とくとくBB(月額割引) 3,407
「現金」のキャッシュバックのみを掲載しています
No プロバイダ 金額(円) 公式サイト
1 とくとくBB(キャッシュバック) 32,100
2 BIGLOBE(クレカ払・キャッシュバック) 30,000
3 Broad WiMAX 25,000
4 @nifty WiMAX 23,100
5 BIGLOBE(口座振替・キャッシュバック) 15,000
契約月以外の最安月額を掲載しています
No プロバイダ 最安月額(円) 公式サイト
1 DTI WiMAX2+ 0
2 Asahi Net 0
3 カシモWiMAX2+ 1,380
4 とくとくBB(月額割引) 2,170
5 Broad WiMAX 2,726
2019.8更新