閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXが届くまでの流れ・期間と即日配送のプロバイダ

  • Pocket
  • LINEで送る

これからWiMAXを契約して使いたいというときに、申し込んでからどの程度の期間で使えるようになるのかを不安に思いますよね。

申し込んでもいつまでもインターネットが開通されないというトラブルは固定回線の場合にはよくありますが、WiMAXを利用するときにはどの程度の期間がかかるのでしょうか。

WiMAXの契約手続きを始めてから端末が届いて使えるようになるまでの大まかな流れを理解しておきましょう。

事前に流れと期間を把握しておこう!

wimaxをこれから利用し始めるなら、あらかじめ手続きの全体像を理解しておくことが大切です。
どのような手順で手続きを行っていくかがわかっていないと必要な手続きを見落としてしまったり、重要事項の連絡を見逃してしまったりして不利益を被る可能性があります。
単純にプロバイダを選んで申し込んだらすぐに使えるようになるというわけではありません。
細かな点まで気を払うことでよりお得に利用できるようになるので、まずは流れを把握しましょう。

また、全体の流れがわかっていないとどの程度の期間で利用開始できるのかを正しく把握することはできません。
すぐに使い始めたいというときにはどのような形でプロバイダを選ぶか、端末の受け取り方をどうするかといった点も考慮する必要があります。
いつ頃に端末が配送されるのかがわかっていないと宅配便の受け取りができず、利用開始までに余計な時間がかかってしまう可能性もあるでしょう。

また、到着日から利用開始になるプロバイダの場合には、いつ届くのかを想定した上で申し込むとお得になることがあります。
しばしばプロバイダがキャンペーンを実施していて初月無料といった対応をしてくれています。
端末が月末に届いてしまうと無料期間が短くなってしまいますが、月初めに届くとほぼ一ヶ月間無料で利用可能です。
申し込んでからどの程度で契約が完了し、手元に端末が届くのかを理解するのはキャンペーンを活用する意味でも重要になります。

WiMAXが届くまでの大まかな流れ

wimaxが届くまでの手続きはプロバイダによって若干の違いはありますが、大まかな流れは共通しています。基本的な段階に分けて概要を把握しておきましょう。

対応エリアの確認

自分が住んでいる地域やネットを利用したいエリアがWiMAXに対応しているかをまず確認しましょう。
ほとんどのプロバイダではエリア確認のためのサイトが用意されているので、住所や郵便番号を入力したり地図を見てwimaxが開通しているエリアかどうか確認することができます。
もし開通していない場合には他の選択肢を選ぶ必要がありますが、詳細をプロバイダに電話などで聞いてみると電波障害が起こりやすいだけで実際はWiMAXを利用できる場合もあるので、まずは問い合わせしてみるとよいでしょう。

利用の申し込み手続き

多くのプロバイダではインターネットで簡単にwimaxの利用申し込みを行えます。
申し込み画面では氏名や住所などの個人情報の入力の選択などが必要です。
この時点で銀行からの引き落としやクレジットカードなどの支払方法を選択し、その情報を登録するのが一般的になっています。
そして、利用したい料金プラン、希望する端末、セットで提供してもらえる商品の購入希望、各種オプションサービスなどを選択し、内容を確認して送信すれば申し込みは完了です。
プロバイダによっては電話からの申込みもできます。

審査の実施

申し込みが終わるとプロバイダが内容を確認して審査を実施します。
内容に不備がある場合や確認が必要な事項があるときには電話やメールで確認が行われ、審査を通過できるとその旨の連絡が届くのが一般的です。

端末の配送と利用の開始

申し込みをするとプロバイダから希望した端末が配送されます。
到着したら説明書に従って設定を行うとすぐに利用を開始可能です。
設定の仕方がわからないというときにはサポートセンターで細かく対応してもらえるので心配ありません。

通常はこのような流れでwimaxの開通までの手続きが行われています。
しかし、申し込みから発送までの流れに関してはプロバイダによって違ってくるので注意しましょう。

プロバイダによって届くまでの期間は異なる

wimaxに申し込んでから実際にどの程度の期間で手元に端末が届くかはプロバイダによって大きな差があります。
手元に届くまでの期間を考える上で重要なのが、申し込みから商品発送までの期間と、発送してから手元に届くまでの期間です。

申し込みから商品発送までの期間は即日発送か通常配送かで大きな違いが生じます。

即日発送

即日発送の場合には、プロバイダが定めている時刻までに申し込みをしたらその日のうちに端末を発送するのが原則となっています。
その時間に遅れてしまった場合にも翌日には発送してもらえるので大きな心配はありません。
申し込みをしたらその時点で受付が完了し、速やかに発送手配が進められて発送完了の連絡がメールで届くというのが一般的です。

即日発送を行っているGMOとくとくBB、Broad WiMAX、Yahooでは最短で翌日に端末が到着して利用を始めることが可能です。
申し込んだその日か翌日に発送してくれる仕組みになっていて、宅配便を利用しているのが基本なので近い距離なら翌日、やや遠くても2日か3日で到着します。

通常配送

一方、通常配送の場合には、申し込みから発送までの手続きがやや多くなります。
申し込みをしたら申し込み完了の旨を伝えるメールが届き、契約内容の確認についてさらにメールが送られてくるのが通例です。

大手のプロバイダを代表例にすると、biglobeでは端末を発送するまでは翌日~7日、So-netでは3日~7日、niftyでは4日以上とされています。
書類に不備があった場合や、混み合っていて端末の確保が難しい場合などには一週間以上かかってしまうこともあるので、必ずしもこの通りの期間で発送してくれるとは限りません。
申し込みをするときにどの程度の期間がかかるかを確認しておくのが重要になります。
なお、通常配送も宅配便を使っているのが一般的なので、発送してから1日から3日程度は必要になると想定しておかなければなりません。
申し込んでからwimaxが届くまでの期間は長くなりがちなので注意しておきましょう。

また、申し込みから発送に必要な期間については比較的頻繁に書き換えられているので、自分が申し込むときに個々のプロバイダから明示されている情報を確認することが必須です。

営業日の数え方に注意

商品発送までの期間や到着までの期間については表記方法に気をつけることも重要です。

例えば、申し込みが完了してから最短3営業日以内に発送と記載されている場合と、申し込み後3日以内に発送というのでは違います。
3日以内の場合にはその日から3日後までの間に発送してくれますが、3営業日以内という場合にはプロバイダの営業日がいつかによって4日以内になる場合も5日以内になる場合もあるので注意が必要です。

土日祝日は営業していないプロバイダで金曜日に申し込みをしたら、土日も含めて合計で5日以内に発送ということになります。
土曜日は営業していて日曜日は休みのプロバイダなら4日以内です。

通常は平日の月曜日から金曜日をカウントして考えますが、お盆の時期の夏季休業や年末年始の冬季休業のように特別に休日になっている日もあるので気をつけなければなりません。

実際には営業日で記載しているプロバイダが多いので、この考え方を理解しておくことは必須です。

申し込みをするときには、できるだけ土日祝日の影響が生じないように月曜日や火曜日に申し込みをするのが良いでしょう。
端末を送付してもらえるタイミングが週末になるようにすると、受け取りやすくなるメリットがあるため、明確に何営業日後に発送と記載されている場合には逆算して受け取りたい日に到着するようにするのも賢いと言えます。

早く使い始めたいならこの3社

以上のことを総合的に考えると、wimaxをできるだけ早く使いたいときには即日発送に対応しているプロバイダを選ぶのがベストです。
即日発送をしている有名なプロバイダは3つあるので、以下の中から選びましょう。

Yahoo

Yahooでは端末の即日発送を標準にしています。
申し込みがあったらすぐに発送手続きを始めてくれるので最短で翌日から利用することが可能です。
Yahooの即日発送は午前11時までに申し込んだ場合に限られています。
それ以降については翌日に発送という形になるので、最短翌々日の到着になるのが基本です。
平日、土日祝日を問わずに受け付けているのでいつでも気軽に申し込むことができます。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBでは通常配送と即日発送を選択できるシステムになっています。
申し込みの際にオンラインフォームで即日発送を選べば最短で翌日から利用開始可能です。
通常配送で申し込んでしまうと4営業日以上かかってしまうので、申し込みの際には気をつけなければなりません。
受付時間は平日は15時30分まで、土日祝日については14時までになっています。
それ以降の申し込みについては翌日の対応です。
ただし、在庫状況や審査の混み具合などの影響で即日発送を取りやめる場合があるので、申し込む前に即日発送に対応しているかどうかを確認しておきましょう。

Broad WiMAX

Broad WiMAXでは即日発送を基本としているので、申し込めば基本的にはその日か翌日に発送してもらうことができます。
Broad WiMAXでは日曜と祝日については発送作業を行っていないため、日曜と祝日に申し込んだ場合には翌日の対応です。
土曜日についても対応できない場合があるため、電話で確認をすることが必要になっています。
即日で発送してもらうためには平日の15時までに受付を完了することが必要です。
申し込み完了ではないので、余裕を持って手続きをしましょう。
また、本人確認書類が必要なケースでは確認が取れてからの発送になります。
口座振替を希望する場合や未成年の人の場合、パソコンやタブレットのセットを希望する場合が代表的な例です。
このようなときには運転免許証などの本人確認書類をあらかじめ準備して、時間に余裕を持って申し込むことが大切です。

到着までの期間も判断基準に

通信費を削減したいという人が増えている影響で、いかにして安い料金で提供するかに注力するプロバイダも多くなりました。
wimaxのプロバイダ比較をするときには月額料金の低さだけでなく、キャンペーンのお得さやキャッシュバックの大きさが重視されることがよくあります。
トータルで見れば確かにキャンペーンやキャッシュバックが魅力になることはあるでしょう。
しかし、キャンペーンを実施しているために申し込みが殺到していて、端末が届くまでに何週間も待たなければならないという場合もあるので注意しましょう。

WiMAXに申し込んでから利用開始できるようになるまでにかかる期間は、プロバイダによって大きく異なります。
WiMAXを想定したタイミングで使い始められるようにするには、プロバイダが提示している発送までの期間や、実際に商品が到着するまでの期間を考慮することも肝心です。

特に、今すぐ使い始めたいというときには最も重要な観点の一つになります。
YahooやGMOとくとくBB、Broad WiMAXは有力候補になりますが、キャンペーンの実施状況も確認して安心して最短期間で端末が届くプロバイダを選びましょう。

13社18回線を気になる項目で比較!!2019年8月のおすすめWiMAXプロバイダTOP5 !

[最新機種(W06)][3年契約][ギガ放題][WiMAX2+]の場合
▶︎知りたいランキング項目をクリックしてにゃ
ワイ先輩01
▶︎実質月額が安いランキング▶︎キャッシュバック金額が高いランキング▶︎最安月額基本料金ランキング
実質月額とは (3年間の総支払金額-キャッシュバック金額)➗36ヶ月
No プロバイダ 実質月額(円) 公式サイト
1 Broad WiMAX 2,879
2 とくとくBB(キャッシュバック) 3,335
3 JPWiMAX 3,336
4 Cloud Mobile 3,364
5 とくとくBB(月額割引) 3,407
「現金」のキャッシュバックのみを掲載しています
No プロバイダ 金額(円) 公式サイト
1 とくとくBB(キャッシュバック) 32,100
2 BIGLOBE(クレカ払・キャッシュバック) 30,000
3 Broad WiMAX 25,000
4 @nifty WiMAX 23,100
5 BIGLOBE(口座振替・キャッシュバック) 15,000
契約月以外の最安月額を掲載しています
No プロバイダ 最安月額(円) 公式サイト
1 DTI WiMAX2+ 0
2 Asahi Net 0
3 カシモWiMAX2+ 1,380
4 とくとくBB(月額割引) 2,170
5 Broad WiMAX 2,726
2019.8更新