閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

GMOとくとくBBのWiMAXよりも光回線の方が良かったかも

  • Pocket
  • LINEで送る

GMOとくとくBBのWimax2+ギガ放題接続サービスをインターネット(価格ドットコム経由)で契約しました。

それまで利用していたフレッツ光の2年契約が終了をむかえ、より格安の料金で利用できるインターネット回線を探していたところ、GMOとくとくBBのWiMAX(ワイマックス)を見つけました。
このGMOとくとくBBですが、価格ドットコム経由の新規入会キャンペーン(キャッシュバック)を利用すると、月額3,000円台になること、疑問点に対するコールセンターのスタッフの方の対応が懇切丁寧だったことなどが、選ぶ上での決め手になりました。
料金の安さもさることながら、アフターサービスの充実度も重視して選びました。

WiMAXにすることでフレッツ光利用時よりもネット料金が安くなりました

1ヶ月当たりのインターネット料金が安くなりました。フレッツ光の時は電話回線料も込みで毎月1万円前後支払っていましたが、Wimax2+に変えてからは、毎月4,600円ほどになりました。

料金は安くなったけど回線速度が遅すぎる

フレッツ光に比べると圧倒的に回線速度が遅くなってしまいました。とくに18時以降から真夜中までの時間帯は検索エンジンでワード検索をするだけでもかなりの時間がかかってしまいます。
ファイルをダウンロードしたい場合などは、朝方や午前中の時間帯にするようにしています。

また、ギガ放題というプラン名ですが、一定期間に過大に使用してしまうと速度制限が課される場合があるということです。
この点だけ考えると文字通りの使い放題ではありません。
ただし、動画を再生しながらオンラインゲームをしても、こちらの速度制限の対象になったことはありませんでしたので、通常の使用の範囲内なら問題にはならないかとも思います。

一度に回線につなげることができる台数が10台までという点も要注意です。
スマートフォンやタブレットなど、一人でモバイル機器を複数台所有することも珍しくない現代では、この台数制限もいくらか足かせとなってしまいます。

キャッシュバックはまだ受け取っていない

まだ受け取っていませんが、契約開始から11ヶ月後に送信されてくるメールから申請すると受け取れるようです。
普段使用しているメールアドレスではなく、プロバイダ指定の新規メールアドレスに送信されてくるため、メールの確認がいちいち不便です。

速度をとるか月々の料金をとるか

やっぱり回線速度を求めるなら、断然光回線がおすすめです。
モバイルWi-Fi(ワイファイ)は自宅以外でも使えるので便利でいいかなと思って選びましたが、外出先ではスマートフォン1台で事足りることがほとんどなので、次に選ぶときはもう一度光回線にしようかなと思っています。
とはいえ諸外国に比べると、日本は公共の場所でのフリーWi-Fiが拡充していないので、外でも気兼ねなくインターネットが楽しめるモバイルWi-Fiは、まだまだ利用価値があると思います。

31歳 専業主婦 ころがさん

13社18回線を気になる項目で比較!!2019年8月のおすすめWiMAXプロバイダTOP5 !

[最新機種(W06)][3年契約][ギガ放題][WiMAX2+]の場合
▶︎知りたいランキング項目をクリックしてにゃ
ワイ先輩01
▶︎実質月額が安いランキング▶︎キャッシュバック金額が高いランキング▶︎最安月額基本料金ランキング
実質月額とは (3年間の総支払金額-キャッシュバック金額)➗36ヶ月
No プロバイダ 実質月額(円) 公式サイト
1 Broad WiMAX 2,879
2 とくとくBB(キャッシュバック) 3,335
3 JPWiMAX 3,336
4 Cloud Mobile 3,364
5 とくとくBB(月額割引) 3,407
「現金」のキャッシュバックのみを掲載しています
No プロバイダ 金額(円) 公式サイト
1 とくとくBB(キャッシュバック) 32,100
2 BIGLOBE(クレカ払・キャッシュバック) 30,000
3 Broad WiMAX 25,000
4 @nifty WiMAX 23,100
5 BIGLOBE(口座振替・キャッシュバック) 15,000
契約月以外の最安月額を掲載しています
No プロバイダ 最安月額(円) 公式サイト
1 DTI WiMAX2+ 0
2 Asahi Net 0
3 カシモWiMAX2+ 1,380
4 とくとくBB(月額割引) 2,170
5 Broad WiMAX 2,726
2019.8更新